体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5.3インチディスプレー+タッチペンでデジタル文具の使い心地 “新カテゴリー”スマートフォン『GALAXY Note』とは?

5.3インチディスプレー+タッチペンでデジタル文具の使い心地 “新カテゴリー”スマートフォン『GALAXY Note』とは?

NTTドコモが4月に発売したSAMSUNG電子製のAndroidスマートフォン『GALAXY Note SC-05D』。5.3インチの大画面ディスプレーを搭載し、付属のタッチペンでも操作でき、全世界では既に500万台を販売する人気機種になっているのだとか。「ただの大画面スマートフォンなんじゃないの?」と思っていたのですが、触ってみるとデジタル文具のような使い心地で、これは新しいカテゴリーの誕生なのだと実感しました。『GALAXY Note』の実機をお借りしたので、製品レビューをお届けします。

※記事には多数の写真を掲載しています。すべての画像が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

一昔前のペン入力から格段の進化

片手に端末、もう一方の手にペンが正しい姿勢

『GALAXY Note』最大の特徴は、付属のタッチペン『Sペン』を使った操作が可能なこと。アップルの『ニュートン』、シャープの『ザウルス』、Palmデバイスといった90年代のPDAで採用されていたペン入力ですが、現在のスマートフォンの性能と操作性にペン入力を組み合わせることで、あの時代から1周回ってきたような新しい使用感をもたらしています。

本体の幅は83mmなので、片手持ちの親指だけで操作するにはちょっと大きいサイズ。片手でしっかり本体を持ち、もう一方の手でペンを持つのが正しいスタイルです。取材などで立ったままメモを取る機会が多い筆者には、すんなりなじめます。もちろん、ペンを使わずに指だけで操作することも可能ですが、ペン入力のPDAなどを使っていた人には、細かい部分はペンタッチ、フリックなどは指で、などとペンを持ちながらの自然な役割分担ができてしまいます。

コンパクトな『Sペン』

『Sペン』は電磁誘導式なので、コンパクトなペン先を実現。細かい文字や繊細なタッチの描画が可能になっています。128段階で筆圧の認識も可能。ペン入力にはワコムの技術が採用されていることが報じられていますが、液晶タブレットのような書き味にも納得です。

『Sペン』は本体に収納可能

ペンは本体下部に収納が可能。『ニンテンドーDS/3DS』のタッチペン収納に慣れた人にはわかりやすいですね。

“書く”“描く”にしっかり対応

“書く”“描く”にしっかり対応

ペン入力は指によるタッチ操作の代用だけではなく、“書く”“描く”というアナログ入力にしっかり対応します。ここに、“デジタル文具”として使えるスマートフォンの新しい可能性を感じました。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。