体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

21.1mmの薄型、ハイスペックノートPC『ThinkPad T400s』

t400s_right

レノボ・ジャパンは、高性能ノートパソコン(PC)『ThinkPad T』シリーズの新製品として『ThinkPad T400s』を発表、6月24日より発売します。『ThinkPad T400s』は同シリーズで最薄・最軽量、14型液晶ディスプレイを搭載するノートPCのなかでも業界最高レベルの薄さと軽さを実現しました。また、衝撃に耐える堅牢性、キーボードやタッチパッドの使いやすさ、WiMAXモジュールへの対応など大幅に機能向上しています(すべての画像付き記事を見る)。

t400s_2

トップカバーには自転車のフレームにも使われるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用。軽いだけでなく優れた強度を持つ素材を使用することで、薄さ21.1mm、重さ1.8kgというコンパクトと同時に堅牢性をも実現しました。『ThinkPad T400s』は、『ThinkPad T400』と比較して厚さ25%、重さ20%を減量しています。

t400s_top

ディスプレーはLEDバックライト14.1型WXGA+TFT液晶を搭載、最大で250GBのハードディスク(HDD)と128GBのSDD(Solid State Drive)の実装が可能で、DVDスーパーマルチドライブまたはBlu-rayドライブのいずれかを選択することができます。また、7月にはWiMAX通信モジュール搭載モデルの発売も予定しています。

PCを使うときに最も長時間触れるために、製品の満足度にも大きく影響するのがキーボードの設計です。『Thinkpad T400s』は、よく使われるにもかかわらず面積の狭いdeleteキーとescapeキーの面積を拡大。キーキャップ間のすき間を狭くすることで、小さなゴミやホコリがキーボードに入りにくいように設計を改良しています。

t400s_front

また、タッチパッドにも改良が加えられています。本体の薄さを保つために、タッチパッドとパームレストは同じ高さに配置。タッチパッド部分に特別な素材を使用しているので、同じ平面上で指を移動しても、感触の違いでタッチパッドを認識できます。

さらに、指紋センサーを指でなぞるだけで電源オンにできる仕組みや、待機やスリープ状態でもUSBポートからMP3プレーヤーやカメラなど周辺機器の充電も可能しています。標準モデルの販売価格は19万9500円(税込み)です。
 
■『ThinkPad T400s』標準モデルの主な仕様
OS:Windows Vista Business(Windows XP Professional SP2初期導入済)
CPU:Intel Core2 Duoプロセッサー SP9400(2.40GHz)
メモリー:2GB(2GB×1)
ディスプレイ:LEDバックライト14.1型WXGA+TFT
HDD:250GB
ネットワーク:インテルWireless WiFi 5100AGN(1×2)、Bluetoothなど
オプティカルドライブ:DVDスーパーマルチ・ドライブ
バッテリー駆動時間:最大約6.3時間
サイズ:W337×D241×H21.1~25.9mm
重さ:1.79kg(バッテリーパック含む)
 
 

■ほかにもレノボのノートPCの記事もあります
4万円台からの低価格15.4型ノートPC『Lenovo G530』発売
Lenovo(レノボ)のネットブック『IdeaPad S10e』に新色マットブラックが登場
lenovo(レノボ)より発売中の高スペックネットブック『IdeaPad S10e』レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会