体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「渋谷ヒカリエ」に世界初登場! 話題のスイーツ「Picolo」を食べてみた

いよいよ本日オープンした「渋谷ヒカリエ」。アパレル、雑貨、ビューティなどのショップの他、レストランやカフェ、ミュージカル劇場まで入る予定の総合商業施設で、7割以上が渋谷初出店となり、オープン前から話題を呼んでいました。

「渋谷ヒカリエ」の魅力の一つは、レストランやカフェ、テイクアウト出来るフードの数々。47都道府県の食をテーマに、日替わり定食や旬の素材を使用した晩ごはんが味わえるカフェレストランや、ジョエル・ロブションさんが初めて手がけるブーランジェリー「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」など、大人の女性が美味しく楽しめる場所ばかり。

そして、この「渋谷ヒカリエ」で世界初登場となるスイーツが「Picolo(ピコロ)」。パリで注目を集めている、女性クリエイターZoe de Las Cases(ゾエ・ドゥ・ラス・カセス)さんが、“幼い頃から大好きな、小さくてかわいいお菓子”をイメージして作ったニューフェイスです。

早速、オープン初日で大勢の人がショッピングを楽しむ「渋谷ヒカリエ」で出来立てホヤホヤの「Picolo」をゲット。編集部に持ち帰り、早速食べてみました!

外国の子供の写真をモチーフにデザインされたショッパーやBOXはナチュラルな可愛さ。おみやげにもピッタリ。

店員さんに聞いた所「Picoloはモチモチとした生地に特徴があるので、初めての方はPicolo petit(ピコロ・プチ)がオススメですよ」との事なので、「Picolo petit(ピコロ・プチ)」を購入しました。

中に入っているクリームはカスタードとショコラの2種類。生地を割るとたっぷりつまったクリームがトロリと出てきて、小さいのに満足感があります。

「Picolo(ピコロ)」の生地は無添加。良質な材料だけにこだわりシンプルに焼き上げた生地はほんのり塩気があり、フォカッチャの様な味わい深さ。クリームも甘すぎないので、甘過ぎる物が苦手な方や男性にもオススメ。

その他のバリエーションは、「Picolo petit」の倍ほどの大きさがある、「Picolo(ピコロ)」と、Picolo と同じ生地を低温で焼き上げ、天然フルーツパウダーで色づいた「Picolo mochi(ピコロ・モッチ)」。

コーヒーや紅茶にピッタリの素朴でかわいい新スイーツ「Picolo」。渋谷におでかけの際はぜひチェックしてみてくださいね。

<価格>※オリジナルギフトBOX入り
Picolo 2P セット ¥450
Picolo 6P セット ¥1,150
Picolo petit 6P セット ¥500
Picolo petit 12P セット ¥900
Picolo 2P セット ¥450
Picolo 6P セット ¥1,150
Picolo mochi 6P セット ¥450
Picolo mochi 12P セット ¥850

渋谷ヒカリエ
http://www.hikarie.jp/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。