体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Pixel Visual Coreの有用性がわかる動画

公式には Android 8.1 Oreo のリリース版で有効にされる Pixel 2 の Google 製チップ「Pixel Visual Core」が、実際にどのように機能するのかを確認できる YouTube 動画が公開されました。Google によれば、メインプロセッサとは別に搭載されたコプロセッサである Pixel Visual Core は、画商処理や機械学習機能のタスクをハードウェア処理させるために組み込まれた専用チップで、これが使えるようになると、サードパーティのアプリでも Pixel Visual Core を介して Pixel 2 のハードウェア処理機能を利用することが可能になります。動画の例では、現時点で利用可能な HDR+ のハードウェア処理を外部アプリから利用しています。具体的に言えば、Google カメラを模倣するようにカスタムされたカメラアプリで「Hardware ZSL HDR+」のオプションが効くようになるということです。動画の中では、このオプションが有効の場合とそうでない場合の処理時間の差がデモされており、ハードウェア処理が無効の場合は処理に数秒かかるものの、有効の場合には瞬時に完了していることを確認することができます。Google によると、画質面で Pixel Visual Core を介した HDR+ 処理とソフトウェア処理との間に大きな差はありませんが、特定条件下ではハードウェア処理の方が優れた画質を提供すると言われています。Source : Reddit

■関連記事
Sony Mobileの2018年フラッグシップはベゼルレス仕様?
ソーシャルナビアプリ「Waze」にバイクモードなどの新機能が追加
Google、2017年仕様の「サンタトラッカー」をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会