ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もはや瀕死の存続危機? プレミアムフライデーを「救う?」「救わない?」まだ希望を持っている人は4割もいるぞ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
%ef%bc%91

“プレミアムフライデー”が今年2月に導入されて早10か月が経ちました。言葉だけは流行った“プレミアムフライデー”。しかし、実際に楽しんでいる人はまだ少ないのではないでしょうか?

日本政府と経団連が、月末の金曜に15時を目途に終業することを促進する“プレミアムフライデー”。そもそも忙しい月末の週末なのに15時に仕事を終わらせるなんて、なかなか難しい……。身の周りで恩恵を受けている人を見たことがありませんし、もはや存続が危ぶまれる事態になってきています。果たして日本人は“プレミアムフライデー”を必要としているのか!?

%ef%bc%92

世界最大級の宿泊予約サイト『Hotels.com(TM)』は、特設サイトで存続の危機にあるプレミアムフライデーを「救う」か「救わない」か、ユーザー自身が選択する『SAVE THE PREMIUM FRIDAY』キャンペーンを10月24日より実施しています。その結果は……!

11月27日時点で約1万5000もの人がキャンペーンに参加し、「救う」を選択した人が6050人(41%)、「救わない」を選択した人が 8839人(59%)という結果に。半数以上が諦めているプレミアムフライデーでも、4割以上の人が「救う」という希望を持っていることが分かったのです!

参加者のSNS上では、プレミアムフライデーを満喫できない悔しさや怒りの心情を吐露するコメントとともに、「プレミアムフライデーは味わったことがないが、救いたい」「できないと言わずに一度でも行動にしてみよう」といった前向きなコメントも投稿されているようです。

Hotels.com日本代表の井尻岳人氏は、「ワークライフバランスを大切にするHotels.comでは、忘れ去られつつあるプレミアムフライデーに着目し、今回のキャンペーン実施に至りました。 なかなか定着しないプレミアムフライデーを半数以上が『救わない』を選択したことは驚くべきことではありませんが、それでも『救う』を選択した人が4割を超えたことは、日本人が今もなおワークライフバランスに関心を抱いている証なのではないかと感じています。Hotels.comは家族や友人との旅行、気ままな一人旅などを通し、より多くの方に充実した週末を過ごしてほしいと願っています」とコメントしています。

確かに、プレミアムフライデーが活用できれば、週末のひとときをさらに充実したものにできる! 週末の旅行の準備も余裕でできるようになるんですけど……。先程も述べたように、まだまだ浸透までは時間がかかりそうです。

hotelscom

そこで『SAVE THE PREMIUM FRIDAY』キャンペーンでは、参加者全員に3000円分のクーポンをプレゼント。月末の金曜に15時で仕事を終わらせられなくても、このクーポンなら時間を選んで使えますね。この冬は『Hotels.com』のクーポンを使って、少し息抜きしてみては?

それにしても、無謀とも言えるプレミアムフライデーは今後どうなっていくのでしょうか。形を変えて残ることが出来るのか……!?

<キャンペーン概要>
『SAVE THE PREMIUM FRIDAY』

内容:キャンペーンサイト上のプレミアムフライデーを「救う」か「救わない」かを参加者が選択。選択に応じて特別動画を視聴できます。参加者には3000円分のクーポンがプレゼントされます。

特設サイト:http://save-pf.jp-promotion-hotels.com/

※2018年1月10日までの宿泊を2017年12月31日までに予約すると、3万円以上の宿泊予約からクーポンが利用可能。クーポンには利用規約が適用されるので、詳しくは特設サイトをご確認ください。

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。