体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ウチは大貴族のお姫様なんやで!スーパーセレブなんやで!」引用だらけのアホ手紙を晒される……黙っていれば可愛い爆弾娘と親子漫才 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

その子、本当はあなたの娘ですよ!娘のことで悩むパパ

源氏に近江の君のことを冷やかされた紅梅は、父(頭の中将)に早速報告しました。「あちらにもよそから連れてきて、大事にしている姫君がいたろう。玉鬘の君と言ったかな。どうも源氏の君は我が家のことにはお耳が早い。光栄なことだ」。その子、本当はあなたの娘ですけどね。

玉鬘の君の悪い評判は聞いたことがないですね。蛍宮などは熱心にアタックしていらっしゃるとか。皆、それはそれは素晴らしい姫君だろうと言っています」と、紅梅。

それは源氏の君の娘と思うからだ。世の中そういうもんだ。なーに、実際は大したこともなかろう。彼は子どもが少ない上に、紫の上との間にはできなくて、そこが泣き所なのだろうね。

ひょっとすると、その玉鬘の君とやらは、源氏の実子ではない可能性もある。あの人は昔から、なにを考えてるかよくわからんところがあるからな」。おっ、なかなかイイ線いってる。だから、本当はあなたの娘ですよ!

「で、玉鬘の君はいったい誰と結婚するのかね。蛍宮は源氏の君とは特に仲がいいし、決まれば万々歳というところかな」。でも、本当に気になるのはそっちではなく、次女の雲居雁のこと。

雲居雁こそ母君(大宮)に立派にしつけてもらい、誰と結婚させるかを算段したり、後宮に入れようかと思ったりしたかった。それをぶち壊しにしたのが夕霧だ。あいつも着実に出世してきてるが、まだまだ結婚は許さんぞ!……と、パパは思っています。相変わらず。

例外として、源氏が息子とともに頭を下げ「本当に私達が悪かった。どうかお嬢さんと結婚させてください」と言えば、まあ考えてやらんこともないぞ……とは思っているのですが、肝心の夕霧はそんな気配も見せず、落ち着き払っているので面白くない。結局どっちもどっちで、進展しないままです。

うたた寝もNG!パパの厳しい監視が続く次女

思い出しついでに、頭の中将は雲居雁の様子を見に行きました。大宮の元から連れ出したはいいものの、すっかりほったらかしです。暑い午後、雲居雁はシースルーの衣(単)だけを1枚きて、うたた寝をしていました。

雲居雁はなかなか起きず、ノックの代わりに扇を鳴らすと、ようやく目を覚ましました。寝ぼけて赤くなった目元が何とも可愛い年頃の娘。パパは思わず小言が出ます。

油断してうたた寝とは何事か。女房たちも側にいないじゃないか。女の子が無防備なのは品のないことです。常に気を配ってきちんとしていなくては。まあ、あまりツンツンしているのも可愛げがないがね」。そんな~、うたた寝もしちゃいけないの!?

更に源氏がちい姫を大事に育て、将来は中宮にしようとしている話も持ち出し「以前は、お前にもそういう夢を持っていたがね……。他人の姫君の話を聞くたび、お前の今後のことでため息がでるよ。とにかく、今は彼(夕霧)の誘惑に負けるんじゃないよ」。娘可愛さについついグチるお父さん。こんなに可愛い娘なのに、まったくなんでこんなことになったのかと、悔しくてたまりません。

当時は「どうして夕霧と仲良くしちゃいけないの」としか思わなかった雲居雁も、もう16、7歳。さすがに自分が何をやらかしたのか理解できています。(あの頃はなにも分からなくて、本当に馬鹿だった。恥ずかしい。お父様、ごめんなさい)

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。