ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

市川紗椰がハンバーグをこよなく愛する理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

市川紗椰がハンバーグをこよなく愛する理由
【連載】やきそばかおるのEar!Ear!Ear!(vol.38)

「装束はどのように選ばれているんですか?」
「緊張する取組はありますか?」
「力士の緊張感は伝わってきますか?」

某誌にて、行司の木村銀治郎さん(三代目)に前のめりで質問していたのは、モデルの市川紗椰さん。大の相撲ファンで、「『力士のざぶとん』と呼ばれる“首の後ろの肉”が好き」とおっしゃるほどです。そのほか、市川さんは鉄道、アニメ、煙がモクモクと出るような焼肉屋など、いろいろなものにハマっています。

「なんでそれを知っているの?」と思うようなこともチェックしています。例えば、岩手県花巻市の「マルカン大食堂」。この言葉を聞いてピンくる人は、おそらく岩手にゆかりがある人か、昭和マニアでしょう。

「マルカン大食堂」は、花巻市内にあった「マルカン百貨店」の6階にあった食堂でした。食堂の名物、25センチ超えのソフトクリームは、「箸で食べるソフトクリーム」として、テレビ番組などで紹介され、全国にファンをもつ食堂でした。ところが、建物の老朽化と耐震性に問題があることから、「マルカン百貨店」は、2016年に閉店。市川さんは閉店前から「マルカン食堂」をご存じで、昭和の香りを色濃く残した雰囲気がお気に入りでした。食品サンプルをはじめ、ナポリタン、クリームソーダ、醤油ラーメンなど「パーフェクト!」と雑誌で紹介して太鼓判を押していました。閉店することを知り、「存続を願います」とコメントをしていたほどです。(その後、支援もあって食堂部分は復活)

また、大の鉄道マニアでもあります。電車のドアが開閉する様子が大好きで、いろいろな車両のドア開閉を動画で撮影していて「“鉄道車両ドア開閉”秘蔵映像鑑賞会」というイベントを開いたこともあります。ひとくちにドアといっても、「ゴォォォォォ」と豪快な音がするドア(市川さんによると“爆弾ドア”と呼ぶそうです)や、“ため”もなく高速で閉まるドア(“ギロチンドア”と呼ぶそうです)などに分かれるそうです。

好きなものの話になると、話が止まらなくなる市川さん。10月にスタートしたJ-WAVEのラジオ番組でも語っています。番組のタイトルは「TRUME TIME AND TIDE」(土曜 21時)。革新的な活動によって各界を牽引している方をゲストにお迎えし、現在の活動についてはもちろん、いままでどのような時を歩み、これから先どのようなビジョンに向かっていくのか伺っていく…という番組です。

これまで「ツリーハウス・クリエイター」の小林崇さんをお迎えして、小林さんが描く夢のツリーハウスについてお聞きしたり、「銀座 松崎煎餅」の代表取締役・副社長、松崎宗平さんをお迎えして、カレーとお煎餅の可能性、お煎餅の未来についてお聞きしたりと、ためになる話が満載です。

そんな番組の中でも特に「イチカワカオスモス」のコーナーは、市川紗椰ワールド全開です。「イチカワカオスモス」とは、「カオス」と「コスモス」を融合した言葉で、市川さんがめちゃくちゃなことを脈絡なくしゃべるかもしれない、でもそれが最後にまとまった世界になったらいいな、という思いを込めたコーナー…とのこと。

初回こそコーナーの趣旨の紹介で終わりましたが、2回目の放送から銀座線の車両の魅力をたっぷりと語っていたほか、アニメ、ハンバーグ、駅、プラレールなど、毎回、市川さんの視点は良いところをついています。例えば、大阪にある京阪電鉄・萱島駅のプラットホームのクスノキの話。こちらの駅のプラットホームには、樹齢700年の木が屋根を貫くように立っていて、切らずに残していることについて「その時の住民運動、ありがとう!」と感謝の言葉を発していました。

市川さんといえば、ハンバーグが大好きなことでも有名です。100店以上は行っていると語っていました。「やきそば」と名のつく私にとって、なぜ、ハンバーグなのか、気になるところです。できれば焼きそばであってほしかった…。市川さんがハンバーグの食べ歩きを始めた理由は、先日の放送で語られました。「ハンバーグには、マズイものはないと信じているんです。ある程度の合格ラインを達していて、その平均値が高いハンバーグの1位はすごいんじゃないかなと思って…」。

ぐぬぬ。言われてみればその通りです。焼きそばも美味しい店はありますが、そうではない店も(以下略)。放送では「榎本ハンバーグ研究所」の看板メニュー「初代しるばーぐ」についてアツく語っていました。そのうち「榎本ハンバーグ研究所」ならぬ「市川しるばーぐ研究所」というお店ができるかもしれません。その際には、お店のカウンターのまわりには鉄道模型が置かれ(特に市川さんの好きな1930年代のユニオン・パシフィック鉄道のビンテージ模型)、お店の入口のドアは、ギロチンドアになっていることでしょう。

TRUME TIME AND TIDE http://www.j-wave.co.jp/original/timeandtide/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。