ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ポケットサイズ!海水以外のどんな汚い水も飲める水に変えてくれる浄水フィルター「FIXT Nomad」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
人里離れた場所にあるキャンプ地や、水道水の出ない地域へ旅行へ行く場合に確保しなければいけないのが「水」だ。しかし、水を運ぼうとするとそれなりの荷物にもなるため、悩みどころだ。

そんな時にあると大変助かるアイテムがIndiegogoに登場したぞ!それが、浄水フィルターの「FIXT Nomad」だ。

・海水以外の水であればなんでも飲み水に

この浄水フィルターは、特殊なマイクロフィルターと、ココナッツカーボンフィルター、ヨウ素樹脂が組み合わさって構成されており、バクテリア、重金属類、放射線物質など、水の中の異物を取り除いてくれるそうだ。飲み水に変えられないのは海水くらいで、トイレの水や池の水など、他のあらゆる汚水を飲み水に変えてくれる。

これなら、基本的に周りにある水ならなんでも飲み水になるため、わざわざ水筒をもち運ぶ必要もなくなる。飲みたい時だけ、水をすくってこのフィルターを通して飲めばいいだけだということだ。

・ポケットサイズで荷物にならない

FIXT Nomadはあくまでフィルターが入ったタンク部分と口を付ける部分のみのアイテムなので、とにかくもち運びが楽だ。一般のランニング用ウォーターバッグにも取り付けられるので、ランナーにとっても助かるアイテムとなるのではないだろうか。

持続する効果は約100ガロン(約454リットル)分。今のところ効果が切れてもフィルターを取り替えることはできないそうで、また新たに買い替える必要がある。

しかし、開発者もできれば今後この点を改善したいとは思っているそうなので、ぜひ期待したいところだ。FIXT Nomadは今ならIndiegogoで1つ56ドル(約6360円)で注文でき、2017年12月頃の発送を予定している。

執筆:Doga

FIXT Nomad/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。