体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「利用規約=契約の意識なし」「規約は読まない」 ネットユーザーの耳が痛くなる調査結果が明らかに!

「利用前に利用規約を読むか?」

個人情報漏れは心配だけど利用規約を読むのはめんどうくさい――ネットマイルは、「インターネットサービスやスマートフォンの利用規約・プライバシーに関する調査」で、ネットサービスの利用規約の実情を明らかにしたデータを発表しました。ネットユーザーには“耳の痛い話”だからこそ、ガジェット通信で詳しくレポートしたいと思います。

ヘビーユーザーほど「めんどうだから利用規約を読まない

アプリをダウンロードするときに表示される利用規約を「はいはい」と「同意」ボタンを押していませんか?

インターネットサービスやスマートフォンアプリなど(以下、サービスに統一)を利用する前に、利用規約を読む人はたったの15%、読まない人は全体の32%にも上りました。理由は「めんどくさい」が88%、「時間がない」が26%、「理解できない」が17%。サービスを一日数回以上利用する人の88%が「めんどくさい」と回答しており、よく使う人ほど「利用規約を読まない」傾向が見られました。
 

利用規約が簡易化されても「読まない」?

「利用規約が半分程度に簡易化された場合、利用規約を読むか?」

2012年に入って『Google』が利用規約を簡易化したのはご存じでしょうか? 同調査では「知らない」と回答した人が83%と圧倒的でした。また、「利用規約が半分程度に改訂されたら読む?」という質問には、「読むと思う」と回答する人が約30%増えて45%になりました。

一方で、「半分になっても読まない」「わからない」と回答した人の合計は55%と過半数に上っています。年代別では40代が「読まない(33%)」、50代は「読むと思う(50%)」とやや読む率が高くなっています。
 

利用規約の簡易化は「かえって不安」

「利用規約を読まないことでのリスクはあると思うか?」

利用規約が簡易化されることについて、ユーザーは好意的に見ているのかというとむしろ「リスクが増える」と感じているようです。理由は「サービス提供側に有利に作られている(76%)」が多くを占めています。また「利用規約を読まないことによるリスク」を把握している人は全体の54%、利用頻度の高い人のほうがリスクに対して意識が高いこともわかりました。リスクを感じながらも「よく使っているからいちいち利用規約を読むのはめんどう」という矛盾した感覚がはびこっているようです。
 

サービス側の取得情報を「知っている」は全体の5%

「貴方が使っているサービスでは、どんな情報が自分から取得されているか知っているか?」

利用しているサービスが「個人情報をどこまで取得しているのか?」を知っている人はどれほどいるのでしょうか。調査結果によると、「知っている」と回答したのは全体のわずか5%で、ほとんどの人が把握できていないようです。

また、一部のサービスで「ユーザーの行動履歴」が活用されていることへの認知度は65%、そのうち37%が「(活用を)許せる)」と回答。ライトユーザーのほうが、その受容度が高くなる傾向があります。また、個人情報の活用への認知度は48%で、33%が「(活用を)許せる)」と回答。女性は「個人情報活用を許せない」と回答した人が男性より13%高い48%に上りました。
 

若者ほど「電話番号や住所」の提供に抵抗感がある

「サービス提供元(サイト運営者、開発者など)に提供したくない情報は何か?」

サービスに提供したくない情報の第一位は「クレジットカード番号(85%)」。続いて、「住所」「電話番号」が70%、「写真」67%、「勤務先」65%の順になりました。年代別では、40~50代が「クレジット番号」提供に抵抗感を持つのに対して、若者層は「住所」「電話番号」「氏名」などの基本情報の提供を拒む意識が強いことが明らかになっています。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。