体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コミュニケーションロボット『Xperia Hello!』レビュー 表情や仕草がスマートスピーカーより親しみやすさを感じるポイントに:動画あり

コミュニケーションロボット『Xperia Hello!』レビュー 表情や仕草がスマートスピーカーより親しみやすさを感じるポイントに:動画あり

ソニーモバイルが11月18日に発売したコミュニケーションロボット『Xperia Hello!』の試作機をお借りすることができたので、レビューをお届けします。

xperiahello_rev2

『Xperia Hello!』は、スマートイヤホン『Xperia Ear』、スマートプロジェクター『Xperia Touch』に続く、ソニーモバイルのスマートプロダクト第3弾となる製品。センサーとロボティクス技術、センサーと連動して対話機能を実現する技術“ソニーエージェントテクノロジー”を組み合わせることで、能動的に周囲の状況を把握し、自ら動いたり話したりできる“家庭用のコミュニケーションロボット”という位置づけの製品です。

ロボットと言っても歩き回ったりはせず、テーブルの上に設置して、ユーザーとの会話やタッチパネル操作を通してコミュニケーションするロボット。では、スマートスピーカーやスマートフォンとは、具体的に何が異なるのでしょうか。セットアップ手順から、その特徴がだんだん見えてきます。

xperiahello_rev3

初回起動時に、まずWi-Fiの設定を済ませると、続いてユーザーの呼び名を登録します。音声入力でうまく聞き取れなくても、タッチパネルのキーボードから手入力で修正すればOK。

xperiahello_rev4

今回、「ガジェ通」という名前で登録してみたのですが、「がじぇつう」のどこにアクセントを置くか聞かれました。「ユーザーがどう呼ばれると自然に聞こえるか」を意識している点が、『Google Home』『Amazon Echo』などのスマートスピーカーと比べてユーザーとのコミュニケーションを重視している特徴を感じさせます。

xperiahello_rev5

次に、ユーザーの顔を登録するのですが、ただ正面を向いた顔だけでなく、上下左右に向いた顔も登録されます。これは、日常生活の中でユーザーの顔を自然に認識するための工夫。本体には赤外線の人感センサーを搭載しているので、目の前を通り過ぎるだけでも、誰が通ったかを認識して見守り機能などに役立てることができます。

xperiahello_rev6 xperiahello_rev7 xperiahello_rev8

「ハイ、Xperia」と話しかけると、音声操作が可能に。天気予報やニュースを聞いたり、『Wikipedia』で調べものをしてくれます。その際、ディスプレーで関連する情報を表示してくれるので、音声のみの場合と比べて豊かな表現を実現しています。ただし、スマートスピーカーのように音声だけですべての操作が完了するのではなく、ニュースの読み上げ時には終了するために画面のタップ操作が必要になります。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。