ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

声優・羽多野 渉――ガジェット男子(劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dsc_0441

拡散する写真集「GetNews girl(ガジェット女子)」のメンズ企画「GetNews boy(ガジェット男子)」に声優・羽多野 渉さんが登場! 羽多野さんは11月4日よりシネ・リーブル池袋ほかで公開中の劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』にリンド役として出演、さらにエンディングテーマも担当しています。

dsc_0403 dsc_0397

「TVシリーズをエンディングまで迎えた上で、今回もう一度イチから戻ってアクマたちとのめぐり逢いから収録しているので、セリフの深さみたいなものは感じましたね。オリジナル作品なので、当時はストーリーの行き着く先がわからずにやっていたので。そういう意味では、なかなか普段の仕事にはない貴重な経験でした」

dsc_0410 dsc_0385

「今回、なんだかリンドに託されている使命が暗さよりもアップテンポな明るさみたいなものが多くて。リンドのソロ楽曲は、監督さんの『リンドにシャバダバって歌わせたい』って一言で生まれたらしいです。ぜひ劇場で一緒にシャバダバしてくれたら嬉しいなと思います」

dsc_0469

シングル『ハートシグナル』や、今作のED曲『KING & QUEEN』と明るくポップな楽曲のリリースが続いている羽多野さん。「羽多野 渉という個人の内面に、ポップとかキャッチーさはあまりないので、楽曲でそういう世界に飛び込ませていただけるというのは、とても嬉しく、役者冥利につきます」

dsc_0446 dsc_0462

大いなる野望としては、役者としてお芝居のように音楽活動もしていきたいです。だからタイアップって非常にありがたいんですよ。キャラクターだけでなく、その作品に役者として音楽で貢献できるって幸せなことだなって思います。

それは、アーティストではなく役者だからこその向き合い方というか、羽多野 渉なんだけど、毎回違う表現ができるというのが、とても楽しいなと思います。自分からこれがやりたいとかではなく、「この歌を歌ってください」と言われたら、「わかりました!」とその歌の世界に自分のカタチを変えて入っていくっていうのがやりがいがあります。

インタビュー記事はコチラ↓
羽多野 渉はジェキの楽曲がお気に入り!劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』インタビュー
http://otajo.jp/70408

[撮影:周二郎]

劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』公開中!
http://dwd-movie.com/[公式サイト]

人気楽曲を含む、劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」冒頭映像6分15秒を公開!


https://www.youtube.com/watch?v=y6EQQLdtF4I[YouTube]

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。