体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

半年ぶりにS・ジョブズ復活!『iPhone 3G S』3日で100万台以上を販売

iphone_3gs011

アップルは、アメリカでの『iPhone 3G S』発売開始から3日間で100万台以上を販売したことを発表しました。また、新しい『iPhoneOS 3.0』はリリースから5日間で600万人以上のユーザーがダウンロード。これについて、アップルのCEOであるスティーブ・ジョブズ氏は「『iPhone』はお客様から選ばれ、大いに支持されています。革命ともいえるアップルの『App Store』を通じて入手できる5万本以上のアプリケーションと共に、『iPhone』の勢いはこれまで以上に強くなっています」とコメント。ジョブズ氏の公式コメントは、今年1月に療養のために休暇をとることを発表して以来半年ぶり。

『iPhone 3G S』は、『iPhone 3G』の最大2倍高速化し、バッテリー寿命もパワーアップ。300万画素のオートフォーカスカメラを搭載し、ビデオ撮影&編集にも対応しました。また、『iPhoneOS 3.0』は、以前から要望の高かったコピー&ペースト機能や、『iPhone/iPod』内のデータを検索する『Spotlight』機能、メールやメモで使える横長キーボードなど、100以上の新機能を提供しています。日本では6月26日(金)より発売が開始されます。
 
 

■『iPhone/iPod』関連の記事はこちら
新『iPhone 3G S』ついに発表! 300万画素カメラ&ビデオ録画機能も搭載
【日曜版】綺麗に入れば気分爽快!『Paper Toss』【iPhone】
【日曜版】本格派レースゲーム!『Real Racing』【iPhone】

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。