体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『HANNOVER MESSE 2017(ハノーバーメッセ 2017)』で展示された最新の産業用ロボット達

2017年4月24~28日の5日間、ドイツのハノーバーで行われた世界最大の国際産業技術見本市『HANNOVER MESSE 2017(ハノーバーメッセ 2017)』。1947年に初めて開催されてから70年を迎えた今年は、過去最高となる22万5000人の来場者を記録しました。出展社数は6500社で、日本からも86社が参加しました。

Highlights of the HANNOVER MESSE 2017 (YouTube)
https://youtu.be/sWgvIAkfqXQ

様々な産業用ロボットが展示された『HANNOVER MESSE 2017』ですが、ドイツの『YouTube』チャンネル、『HD1080ide』が見どころを凝縮した動画を公開しています。ちょっとした工場見学をした気になれる動画です。製造業に疎い筆者には用途不明と思われる産業用ロボットもありましたが、必ず誰かの役に立つのでしょう。

産業用ロボットのシェアで世界2位のクーカ(KUKA)は、ドイツで創業した企業ということで、自動でグラスをきれいに洗浄してからビールを注ぐというロボット。バーテンダーの職がなくなりそうです。コインを投入して、「生いっちょう」という無人バーが当り前になる時代ももうすぐそこなのでしょうか。

ミミズのようですが、先端に3本のアームがついていてボールなどをつかめるロボットや……

タッチスクリーンを巧みに操作するロボット。

Hiwin Technologiesが展示したのはライトセーバーを振り回しているかのようなロボット。

恐竜型のロボット。映画会社やテーマパークにでも売り込むのでしょうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会