体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

12月に初開催される注目芸術祭『やんばるアートフェスティバル』 / 沖縄の魅力が凝縮された芸術祭

mainimg

沖縄本島北部の通称やんばる地域は『やんばる国立公園』として、平成28年に国内33箇所目の国立公園に指定され、平成30年に世界自然遺産登録を目指しているところ。

そんなやんばる地域の魅力を発信し、現代のアートと沖縄に古くから伝わる文化が集結する芸術祭『やんばるアートフェスティバル2017-2018 ~ヤンバルニハコブネ~』が12月9日から開催されることとなりました。

開催地を巡るだけでもやんばるの魅力を体感できる!

05_img_9673

やんばるアートフェスティバルの開催地はやんばる地域全体。いくつもの会場を巡るだけでも、沖縄の代名詞とも言える綺麗な海、亜熱帯の森林、マングローブ、サンゴ礁などの自然に目一杯触れることができるのです。

メイン会場は「大宜味村立旧塩屋小学校」

01_shioya_03

イベントのメイン会場となるのは現在は廃校になってしまった大宜味村立旧塩屋小学校。校舎が塩屋湾のすぐ近くに建てられていて、特に体育館から臨む塩屋湾とやんばるの山は最高のロケーションとなっています。

02_cy6i1646 03_dscf1258 04_shioya_01

この景色を眺められるだけでも足を運んで良かったと思えるような、心の洗われる景色です。こんな学校に通ってみたかったなぁ……。

05_dsc_0446 06_dsc_0449

廃校になってそのまま時間が止まってしまったかのような校舎もどこか神秘的。もはや校舎そのものがアート作品ですね。

こちらの会場では著名なアーティストによるさまざまな作品の展示やワークショップ、音楽ライブの開催、フード出店などが行われます。芸人・絵本作家でもあるキングコングの西野亮廣さんの作品も展示されるようですね!

琉球びんがた / 城間びんがた工房

07

メイン会場で展示・販売される作品の中でも、特に注目したいのは沖縄の伝統工芸「琉球びんがた」。作っている工程を見学させていただきましたが、手作業で丁寧に着色していく技術はまさに圧巻でした。

1 2 3次のページ
ノジーマの記事一覧をみる
ノジーマ

記者:

漫画を描いたりライターをしたり。B旧フード研究家。趣味は昼寝。枕元に尿瓶を置き、ビールを点滴しながら寝て暮らしたい。千葉ロッテマリーンズファン。スマイル党員。 ★1/12変なレシピ本が出ます!★世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ!B級フードレシピ

ウェブサイト: http://amzn.asia/8N2jTuz

TwitterID: aochins8

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。