ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「イバンカ氏基金57億円拠出」に福島瑞穂議員「安倍総理の表明には違和感がある」→運営は世界銀行で既に発表済だった! 河野外務相「世の中の理解が足りない証拠」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ivanka_kono_01

2017年11月3日に開催された『国際女性会議WAW!』でドナルド・トランプ大統領の娘のイバンカ大統領補佐官と安倍晋三総理が同席。この場で安倍総理がイバンカさんが発起人となっている途上国の女性起業家を支援する基金に「57億円拠出する」とあいさつしたことを各メディアが報じました。

これに対して、社民党の福島瑞穂参議院議員(@mizuhofukushima)が次のようにツイート。


安倍総理のイバンカさんの基金に57億円拠出するという表明には違和感がある。イバンカさんはトランプ大統領の娘。大統領の来日に合わせて、安倍総理がトランプ大統領にプレゼントをしたように見えかねない。なぜこのタイミングなのか?しかも個人的なプレゼントではない。みんなの血税だ。

ところが、この「イバンカ基金」を運営しているのは世界銀行で、プロジェクト名は「女性起業家資金イニシアティブ」。しかも、「イバンカ・トランプ米国大統領補佐官は、本ファシリティの運営管理または資金調達には関与しない」と公式表明されていました。さらに、基金設立時の2017年7月8日に外務省からは「本件イニシアティブに対し、5000万ドルを拠出する予定です」と発表済みでした。

河野太郎外務大臣(@konotarogomame)は、福島氏のツイートを引用しつつ次のようにコメント。


途上国の女性起業家が直面する制約を解消することを目指す世界銀行のファシリティを「イバンカさんの基金」などと言って貶す人がいるのはSDGsに対する世の中の理解がまだまだ足りない証拠だ。外務省、もっと頑張らないと。

「SDGs」とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で記載された2016年から2030年までの国際目標。貧困・教育・ジェンダーなど17の達成目標を掲げており、日本でも「女性の活躍」などが関係が深い目標とされ、政府として積極的に貢献していくことが表明されています。

河野外相のツイートには、「安倍憎し、自民党許すまじで反対している」「政治家として勉強不足」と福島氏を批判する反応が続出。また、新聞・テレビのミスリードを指摘するツイートも目立ちました。いずれにしても、一般人にとってもニュースに対するリテラシーが問われる事例だといえそうです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/konotarogomame/status/926629768308461568 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。