ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

魔女が鍋でグツグツ煮込んでいるものは……実はビールだった!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
%e9%ad%94%e5%a5%b3

ハロウィンといえば仮装ですが、定番の魔女仮装をした人も多いのではないでしょうか。

不思議な薬を作ったり魔術が使えたり、どこまでが本当に出来ることなのか、とてもミステリアスな存在。よく魔女のイメージとして描かれるのが、グツグツと不気味に煮えたぎる大きな鍋をかき混ぜている様子。魔女は一体何を煮込んでいると思いますか?

「実は魔女が煮込んでいるのはビールなのかも」なんて面白い話を聞いたので、少し紹介します。

イギリスでは、中世までビールは各家庭で作られていて、ビール作りは女性の仕事。まさにおふくろの味というように、オリジナルの組み合わせやスパイスでその家ならではのビールが作られていたそう。

アサヒグループのホームページにある『世界のビールの歴史』<6世紀~14世紀 エールビールの発展>にもそんな記述が。

各家庭に伝統のレシピがあり、その家の娘が嫁に行く時の嫁入り道具は、家の伝統のレシピとビール仕込み用の鍋でした。それほど、女性たちはビール作りに習熟していたとも言えます。エールハウスが繁盛していき、新規参入が相次いでいくと、ビール作りができる魅力ある女性は、エールハウスの主人になっていきます。これらエールハウスの女性は「エールワイフ」と呼ばれていました。旨いエールビールが作れるエールワイフは尊敬され、男性達に人気がありました。エールワイフは男性のアイドルでもあったのです。反面、エールワイフは魔女のようにも考えられていました。エールハウスによっては、分量を偽ったり、混ぜ物をしたビールを売りつけられたり、酔った客の財布が抜き取られることがあったからです。そういったエールワイフへの刑罰は、例えば分量をごまかしただけでも火あぶりの刑に処せられるなど、特に厳しいものでした。

エールハウスはエールビールを提供する、いわゆる居酒屋。お酒に酔った場所では、物を失くしたり、記憶が曖昧になったり……実際に悪意のある被害もあったと思いますが、自分のミスも「これも魔女の仕業」と都合の良いように責任転嫁してくる人も出てきそうです。エールワイフが男性のアイドル的存在というのも、何かそこに渦巻く愛憎劇がありそうな気がしてしまいます。エールワイフが魔女狩りにあっていたことも、時代の恐ろしさを感じますね。

そして、「各家庭に伝統のレシピがあり、その家の娘が嫁に行く時の嫁入り道具は、家の伝統のレシピとビール仕込み用の鍋」。この鍋こそ、魔女の鍋だったりして?

また、同じページには、「エールハウスでは軒先に目印としてほうきを掲げ、これは『エールステーク』と呼ばれました」ともあります。魔女といえば、ほうき! 魔女(エールワイフ)のいるお店には 目印としてほうきがあったんです。

この話は、「そう考えられていた部分もある」という話なので、ビールを作っている女性はみんな魔女! 魔女はみんなビールを作っている! というわけではもちろんありません。でも、魔女が大きな鍋で怪しいものを煮込んでいるのではなく、みんなに振る舞おうと美味しいビールを作ってくれていると想像すると、少し微笑ましくなりませんか? ミステリアスな魔女が、一気に親しみやすい街のおばさんに!

来年のハロウィンは、魔女の仮装でみんなにビールを振る舞って陽気に楽しむのも良いかもしれません。

『世界のビールの歴史』<6世紀~14世紀 エールビールの発展>
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/history/europe/england02.html

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。