ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

モトローラがSIMフリースマートフォン『Moto X4』を発売 『Moto Z』専用拡張モジュール『Moto Mods』にはゲームパッドと360°カメラを追加

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
モトローラがSIMフリースマートフォン『Moto X4』を発売 『Moto Z』専用拡張モジュール『Moto Mods』にはゲームパッドと360°カメラを追加

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Androidスマートフォンの新製品『Moto X4』と、『Moto Z』シリーズの本体に取り付けて仕様できるアクセサリー『Moto Mods』新製品2機種を10月27日に発売。ECサイト、MVNO各社、大型量販店で販売を開始しました。

motox4_2 motox4_3

『Moto X4』はガラスとメタル素材を使用した質感のある本体、IP68規格の防水・防じん機能、デュアルピクセルオートフォーカスと広角のデュアルカメラ、1600画素でパノラマ撮影もできるインカメラを搭載する充実したカメラ機能が特徴。

motox4_4 motox4_5

カメラ機能では、撮影後にフォーカスを合わせる位置を変更できる『セレクティブ・フォーカス』、被写体のランドマークや物体を認識して関連情報を表示する機能など、特徴的な機能が用意されています。

motox4_6 motox4_7

OSにAndoid 7.1、2.2GHz オクタコアCPU、5.2インチ 1920×1080ディスプレー、4GB RAMと64GB内蔵ストレージ、3000mAhバッテリー、1200万画素と800万画素のデュアルカメラを搭載。本体カラーはスーパーブラックとスティーリングブルーの2色。価格は5万3800円(税別)です。スーパーブラックは10月27日に発売、スティーリングブルーは11月2日に発売を予定しています。

『Moto Mods』には、6月の『Moto Z2 Play』発表会でサプライズ発表されたゲーミングアクセサリー『Moto ゲームパッド』と、360°カメラの『Moto 360カメラ』を10月27日に発売します。

参考記事:『Moto Z』シリーズ向けに物理コントローラー搭載の着脱可能なゲーミングアクセサリー『moto GAMEPAD』をサプライズ発表
http://getnews.jp/archives/1792826

motox4_8 motox4_9

『Moto ゲームパッド』はサイズ226×75.9×24.4mm、重量は約140g。A/B/X/Y/L1/R1/L2/R2/L3D/R3D/D-PAD/HOME/SELECT/STARTの入力に対応します。バッテリー容量は1035mAhで、バッテリー駆動時間は最長8時間です。防水・防じんに対応。10月27日に発売し、価格は1万1800円(税別)です。

motox4_10 motox4_11

『Moto 360カメラ』は、4Kの360°動画と静止画撮影が可能なカメラモジュール。専用ソフトを使用することで、撮影直後の編集やSNSでのライブストリーミング配信が可能。10月27日に発売し、価格は2万9800円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。