体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京モーターショー2017】自立&自律走行できて人も乗れるヤマハのバイク型ロボット『MTOTOROiD』

生活・趣味
【東京モーターショー2017】自立&自律走行できて人も乗れるヤマハのバイク型ロボット『MTOTOROiD』

10月25日から11月5日にかけて東京ビッグサイトで開催中の『東京モーターショー2017』。昨日、ヤマハ発動機のヒト型ライディングロボット『MOTOBOT Ver.2』をご紹介しましたが、ヤマハは“もう1人”、ロボットをお披露目しています。参考出展となる『MOTOROiD(モトロイド)』です。

motoroid2

『MOTOROiD』は、人と機械の一体感を高めることをテーマに開発された、バイク型のロボット。

motoroid3

25日に開催されたプレスブリーフィングでは、代表取締役社長の柳弘之氏が「MOTOROiD, Stand up」と声をかけると、スタンドを立てた状態から自分でスタンドを収納して自立。

motoroid4

「MOTOROiD, Come on」と呼びかけると、自分でバランスを取りながらゆっくりと柳氏の方へ走行する自律走行を披露しました。『MOTOBOT』がサーキットを高速走行するのに対して、『MOTOROiD』は発進・停止時の不安定な状態でも自立しながら低速で走行できるのが大きな特徴です。

【東京モーターショー2017】ヤマハの自立するバイク型ロボット『MOTOROiD』
https://youtu.be/zJgcPNWaDpM

motoroid5 motoroid6

停止時に手で押しても、自分で姿勢を制御するので倒れません。バッテリー部分と後輪部分が一体になって、地面に対して斜めになった軸を中心にひねるように動いて重心を制御するのがポイント。よく見ると、スタンドを収納する直前にもひねる動きでバランスを取っています。姿勢を制御してバックで走ることができるのは、人間が運転するバイクと違うところですね。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会