体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

嵐『パズドラ』新CMは燕尾服でダンス! CDとは異なる歌詞にも注目【嵐インタビュー】

スマートフォン向けパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』(以下、パズドラ)のイメージキャラクターに、引き続き“嵐”が起用され、新作TV-CM『パズドラダンス』篇が10月26日(木)より全国でオンエアスタート。

新作CMでは、意外にも嵐にとって企業CMでは初めてとなる、5人のダンスをメインに描いたCMに挑戦しているそう! えー! 今までもダンスしているCMを見たことがある気がしますが、どれだけ踊っているのか期待!

オンエアに先駆け、CM撮影レポートと嵐メンバーの座談会風インタビューが到着しました!

新作CMは燕尾服!

前作はカラフルなメンバーカラーのドットのシャツが印象的な衣装でしたが、今回はモノトーンの燕尾服でビシっと決めた嵐。新曲『NOW or NEVER』のメロディーに合わせて、パズドラダンスを踊ります。背景にズラリと並ぶ白い格子状の空間には、表が赤、裏が青の衣装を着たバックダンサーが配置され、嵐のメンバーが指を動かすアクションに呼応して、目まぐるしく色が変化していきます。

ダンスの終盤、フレームの上から突然、『パズドラ』のドロップが次々と降下。最後は振り返りざまに二宮さんが「パズドラが好きです!」と言い放ち、ポーズを決める嵐のメンバーの姿に、『パズドラ』の商品ロゴとスマホのディスプレイカットが入ります。

メンバーは、新曲『Doors~勇気の軌跡~』のカップリング曲『NOW or NEVER』(11月8日リリース)の軽快なメロディーに乗せて、最高にクールなパフォーマンスを披露。パズドラのドロップ操作やドロップの動きをモチーフにした印象的な振付に連動して、格子状のセットで踊るカラフルなバックダンサーたちの色も、まるでパズルのように赤や青へと変化します。一番の注目ポイントは、ワンカットで撮影した嵐の“パズドラダンス”シーン。緊張感あふれるステージで息の合った華麗なダンスを踊る、見応えたっぷりの新CMに仕上がっているとのこと。

完璧な振付で沸かせたワンカットのダンスシーン

ダンスシーンは、途中でミスすると最初からやり直しになるワンカットということで、緊張感が漂う中、二宮さんの「じゃあ、行きましょう!」という合図で始まりました。ほど良い緊張で集中力を高めた5人は、テストのプレイバックを一緒に見ながら、それぞれの修正ポイントを把握すると、本番一発目からほぼ完璧なダンスを披露。『パズドラ』のドロップの動きをモチーフにした独特の振付や、バックダンサーと連動したアクションも難なくこなし、現場を大いに沸かせていたそう。

ギリギリの距離感を狙ってクールな映像を追求

メンバー同士が交差して、位置を入れ替えるシーンなどは、お互いの距離がより近い方が見た目のインパクトが強まるため、嵐メンバーは常に相手とぶつかるか、ぶつからないか、スレスレのところを狙って踊っていました。そんな紙一重のアクションを、「案外みんな攻めるよね(笑)」と嬉しそうに語っていた櫻井さん。手応えを感じつつも、更なる高みを目指し、一体感のあるハイレベルなパフォーマンスを追求。

二宮さんの思いがこもったひと言にメンバーもほっこり

後ろ向きの状態から一斉に振り返って、全員でポーズを決めるラストシーン。ここでは唯一、二宮さんの台詞があり、セッティングの合間、メンバーを相手に練習する場面がありました。『パズドラ』ヘビーユーザーの二宮さんが放つ「パズドラが好きです!」という言葉には、練習とは思えないほど説得力があり、目の前でその力強いオーラを感じた櫻井さん、相葉さんも思わずにっこり。

すっかりテンションが上がって、「(この台詞)かっこいいでしょ?」と無邪気に問いかける二宮さんを、少し離れた場所にいた大野さん、松本さんもニコニコしながら見つめていました。

注目のフランス人デュオが手掛けた“パズドラダンス”の振付

今回の振付は、パリを拠点に世界中で活躍し、日本でも「大塚製薬ポカリスエットTV-CM『エール』」(2016年)などの代表作があるフランス人デュオ“I COULD NEVER BE A DANCER”が手掛けました。

同デュオのオリヴィエ氏によると、「コンセプトは人差し指とスマートフォン、『パズドラ』のドロップをダンスで表現すること。5 人の動きに呼応して、バックダンサーの色が変わるパターンや形は、『パズドラ』のドロップを消していく時の動きを参考にしました」とのこと。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。