体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「この歳になって弟のラブレターを拝見できるとはね」実の兄弟からのプロポーズに困惑!楽しい他人のラブレターチェック~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

テーマパークも顔負け!六条院春の町の大イベント

お正月が過ぎ、六条院に花の季節がやってきました。花は咲き乱れ、鳥は歌う。春の町の庭は例年にもまして見事な花盛りです。

その頃、秋の町には秋好中宮が里下がりして来ていました。いつぞや「秋の庭の素晴らしさをご覧あれ」と挑戦状を送ってきた中宮に、春の町からのお返しをしようと、源氏と紫の上は考えます。

ところが、中宮様は「ちょっと春のお庭を見てきます」と、ぶらっとお出かけできるような身分ではない。同じ敷地内なんだからちょっとくらいいいじゃん、という気がしますが、そういうわけにもいかないらしい。身分が高いと不自由ですね。

中宮は若い女房たちを代わりに派遣し、源氏主催の春の庭での船遊びに参加させることに。船もクルーも中華風に統一され、異国ムードが漂う中、女房たちはワクワクしながら船に乗り込みました!

広い池にゆったりと漕ぎ出すと、あちこちに霞がかって幻想的。霞の中から姿をあらわす見事な岩や柳、桜や藤の華やかな色、池で遊ぶおしどりの波紋……。すべてが絵に描きたいような美しさで、女房たちはうっとり。きっと今ならインスタにアップするんでしょう。「外国に来たみたい!」「花の名所めぐりなんかしなくてもいいね!」と、大変な盛り上がりでした。

会場の外も盛り上がってるぜ!夕暮れからは六条院ライブ

日が暮れると、今度は釣殿(池に張り出した水上の殿舎)で音楽の夕べ。若い女房たちはここぞとばかりにおしゃれして席につき、招待された一流アーティストとゲストの皇族貴族が、篝火の中で合奏をはじめます。

歌の上手な人が一曲歌い出すと、ご近所の一般ピープルのみなさんも、六条院の駐車場(牛車の牛とか馬とかが停めてある)に紛れ込んで「なんかよくわかんねえけどスゲエ!!」ライブ会場に入れなかった人が、外で頑張って聞いてるみたいなアレですね。牛と馬の間で盛り上がってるぜ!

こうして飲めや歌えのオールナイトで迎える2日目の朝。今日は正午頃より秋好中宮主催の御読経(春と秋の2回、僧侶を呼んでお経を読む)なので、参加する人は着替えをし、予定のある人はここでさようならです。

中宮は一晩中、楽の音を聞きつつ「私もライブ見たかった」と残念がっていました。そこへ、8人の美少女たちが春の町から船に乗り、秋の町に登場。それぞれ鳥と蝶の衣装をつけ、鳥の子たちは銀の花瓶に桜、蝶の子たちは金の花瓶に山吹の花を捧げ持っています。

この演出をプロデュースしたのは紫の上。まるで春の妖精があらわれたかのような、素晴らしいサプライズに中宮もいたく感動しました。手紙には「花園の胡蝶をさへや下草に 秋まつ虫はうとく見るらん」。これでもまだ、春はつまらないとおっしゃいますか?

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会