ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

広げるとタブレットに! ZTE、折りたたみ式の2スクリーンスマホ「Axon M」を日本で発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
折りたたみ式の電話というと、日本で今でも根強い人気があるガラケーを思い浮かべるのでは。しかし、このほど中国のメーカー、ZTEが発表したのは2つの画面を搭載する折りたたみ式のスマホ「Axon M」だ。

広げて2つの画面を隣り合わせにすることでタブレット端末のようにも使えるというもので、日本ではドコモから発売する。

・6.75インチのタブレットに

Axon Mは、折りたたんだ状態だとフロントとバックにディスプレイがくる。ディスプレイのスペックは2つとも同じで、サイズは5.2インチ、フルHDで解像度は1920×1080。

これらのディスプレイが隣り合わせにくるよう広げられるのがAxon Mのポイント。2つのディスプレイをつなげれば、6.75インチとタブレット端末に早変わりする。

・同じコンテンツを2人で楽しむことも

使い方はさまざまなモードが用意されている。まず、1つの画面でビデオを鑑賞、もう1つの画面では天気情報などをチェックしたりとそれぞれ別の操作をできるモード。

それから、Axon Mに角度をつけて置き、2人が向かい合わせになりながら同じコンテンツを各スクリーンで楽しむ方法もある。

Axon Mを広げてタブレットサイズで映画鑑賞したりゲームをしたりできる機能もかなり使えそうだ。こうしたデュアルスクリーン操作を可能にしているのが、Androidのスプリットスクリーン機能なのだという。

・ 厚さ12.1ミリ

スクリーンが2つもあるとかさばるのではと懸念する人もいるだろう。しかし単にスマホ2つをつなげたという感じはなく、厚さは12.1ミリ。重さ230グラムも、スマホとタブレットの両方を持ち歩くことを考えれば許容範囲内とみる人は少なくなさそうだ。

ZTEによると、日本ではドコモから、米国ではAT&Tから他の国に先駆けて年末までに発売する。折りたたみ式スマホはサムスンなども開発しているだけに、今後のスマホマーケットに変化が起きる可能性は十分ありそうだ。

Axon M/ZTE

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。