ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

NASAが無重力状態でハンドスピナーを回してみた ついでに宇宙飛行士までクルクル

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NASA(アメリカ航空宇宙局)が、国際宇宙ステーション(ISS)内の無重力状態の中でハンドスピナー(fidget spinner)を回すという動画を公開しています。遊んでいるだけのようにも見えますが、「ニュートン力学の実験」という目的があってのことだそうです。

Fidget spinner spinning in space!(YouTube)
https://youtu.be/82t9Tk9dUHs

動画では、宇宙飛行士のMark T. Vande Hei氏、Joseph M. Acaba氏、Randy Bresnik氏、Paolo Nespoli氏が次々に登場し、ハンドスピナーを回していきます。

ついでに彼ら自身も回っちゃいます。さすがに回転スピードではハンドスピナーには勝てませんね。

読み込み中の画面もハンドスピナーの形です。NASAって政府機関の割には遊び心が旺盛ですね。

地球をバックにNASAのロゴ入りハンドスピナーが回ります。死ぬまでに1回は宇宙から地球を見てみたい……。


小学生の「宇宙では何して遊ぶの?」という質問に対し、Randy Bresnik氏は「7才と11才の子供に言われてハンドスピナー持ってきたんだよ」と答えています。同氏の子供達もまさか自分のお父さんが実際に宇宙でハンドスピナーを回すとは思ってもいなかったことでしょう。優秀な頭脳、強靭な体、厳しく長いトレーニングに耐えられるだけのメンタル。宇宙飛行士は全て兼ね備えていないといけないので、キツイ仕事と思ってしまいがちですが、どんな仕事でもちょっとした遊び心で楽しくなるものです。

※画像:『YouTube』から引用
https://www.youtube.com/watch?v=82t9Tk9dUHs

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。