ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リアルタイムで横断歩道を最適化するソリューションがロンドンで試験導入

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
歩行者と自動車、自転車が道路で安全に共存できるよう、自動的にリアルタイムで最適化する、次世代型の横断歩道ソリューション「Starling Crossing(スターリング・クロッシング)」が、英ロンドンで試験導入された。

・歩行者が安全に横断できるようリアルタイムで最適化

「Starling Crossing」は、大手保険会社ダイレクトライン(Direct Line)が、ロンドンのテクノロジーデザイン事務所「Umbrellium」や英国交通研究所(TRL)、ロンドン大学ユニバーシティーカレッジ(UCL)との提携により、開発したもの。

LED照明が埋め込まれたこの横断歩道は、昼夜問わず、あらゆる角度から見えやすく、路面を通行するヒトやモノは、カメラによって常時モニタリングされている。

また、人工ニューラルネットワーク(人工神経回路網)によって、歩行者と自転車、自動車を区別した上で、それぞれの正確な位置や軌道、速度を計算し、次の瞬間の移動位置を予測して、すべての歩行者が安全に横断できるよう最適化。

たとえば、歩行者の人数に応じて横断歩道の幅を伸縮させたり、歩行者の急な飛び出しの際には、予測される軌道にサインを表示して、ドライバーやサイクリストに知らせる仕組みとなっている。

・最新テクノロジーにより“歩行者ファースト”の横断歩道を実現

「Starling Crossing」は、最新のテクノロジーを活用することにより、従来、固定化されていた横断歩道の形状や配置などを、時間帯や状況に応じてリアルタイムに変化させることができるのが特徴。

歩行者の安全を何よりも優先させ、自動車や自転車とのよりよい関係性を構築する、“歩行者ファースト”な次世代型横断歩道として、注目されている。(文 松岡由希子)

Starling Crossing

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。