ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

模様替えはARにお任せ!?拡張現実の中で家具を配置できるアプリ「Housecraft」が面白い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今、世界で最も先進的なオペレーションシステムと言われるiOS11。中でも注目を集めているのが、AR Kitへの対応。スマホやタブレットで、手軽に拡張現実を楽しめるのは、ユーザーにとってもうれしいところだ。これを受けて、AR対応アプリも、次々とリリースされている。これまで目にしたことのない世界を、どんどん体験できるようになるだろう。

・画面の中で家具を自由に配置

今回ご紹介するのは、ARの特性を生かした生活密着型アプリ。拡張現実の中で、好きな家具を部屋に配置できる「Housecraft」だ。住み替えや模様替えを考えている人には、ぴったりのサービスではないだろうか。

素敵な家具だと思っても、実際に自分の部屋に置いたときのイメージは、なかなかわかないもの。そんなとき活躍するのが、このアプリだ。事前に部屋の画像を保存しておけば、欲しい家具や雑貨を、画面上で配置できるようになっている。製品のサイズ変更や角度、光の調整も自由自在。購入前にじっくり検討できるというわけだ。

・ちょっとした遊び心も

堅実な機能の他、ちょっとした遊び心があるのも本アプリの特長。空からたくさんの椅子を落下させるなど、映画のように楽しい状況を作って、親しい仲間とシェアすることも可能だ。

先月末に配信されたばかりで、まだまだ新しいサービス。ダウンロードは無料。家具を買う予定がなくても、十分楽しめそうだ。

Housecraft

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。