ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ルフをイメージしたデザインが胸アツ! 『マギ』×『Japan Label』コラボのデティールに注目 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2017年10月11日発売『週刊少年サンデー』で惜しまれつつ最終回を迎えた大高忍さんの『マギ』。最終巻の37巻の2017年11月発売に先駆けて、アニメ・マンガとのコラボを積極的に展開している『earth music & ecology Japan Label』からビジュー付きのニットやルフをモチーフにスカートなどが発表されました。

アラジンとジュダルをイメージしたニットプルオーバー(5990円+税)。襟ぐりに2人をイメージにしたビジューが印象的。左袖には飛び回るルフの刺しゅうが。フワフワした微起毛の糸を使い、冬に向けて柔らかい雰囲気を演出したいという人におすすめです。サイズはM・Lで、カラーはサックスとブラック。

白ルフと黒ルフをモチーフにしたスカート(5990円+税)。ふんわりと広がるシフォン素材で、裾からたくさんのルフを飛ばせたデザインが女の子らしく、立体感のあるフロッキープリントもポイント。ニットプルオーバーと合わせるのが最適ですが、カジュアルなTシャツやパーカーとも合わせるというのも良さそう。サイズはフリー。カラーはホワイト&ブラック。

同じく白ルフ&黒ルフのイヤリング(1890円+税)。トップにはアクアマリンとレッドのカラーストーン。ルフをモチーフにしたチェーンに、マットなアクリルのモチーフがぶら下がっているインパクトのあるデザイン。魔法陣をバンダナ柄風にデザインした特製台紙も付いているので、ファンならばゲットしたいところ。

アリババ・サルージャをイメージしたワンピース(7690円+税)。ケーブル編みが印象的で、袖が武器化魔装をイメージ
したリブ編み。ベルトをつけると一気に今っぽい着こなしになります。ワイドパンツと合わせると今年の流行プラス『マギ』っぽいアラジン風のコーデに。サイズはフリーで、色はアイボリー。

「七海の覇王」の異名を持つシンドバットをモチーフにしたワンピース。衿ぐりのビジューが印象的で、ボリューミーなハイネックとケーブル編みで、袖はアリババ・サルージャと同じく武器化魔装リブ編みになっています。ベルトを巻くと大人女子っぽいコーデに。こちらもサイズはフリー。色はネイビー。

冬らしいアイテムが揃った『マギ』コラボ。通販サイト『STRIPE CLUB』で2017年10月13日18時から10月25日いっぱいまで受注予約を受け付けています。発送は2018年1月下旬~2月上旬予定。また、7000円(税込)以上の購入者には原作を使用したオリジナルイラストカードがプレゼントされるのも見逃せないところです。

『earth music & ecology Japan Label』公式サイト
http://emae-jp.tumblr.com/ [リンク]

(c)大高忍/小学館

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。