体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テレフォン人生相談に深刻な内容が 現在妊娠中の女性が過去に3回堕胎し相手は上司「今度は生みたい」

人には話せない悩みを相談する『テレフォン人生相談』にてまたも深刻な相談が寄せられた。その相談者はバツイチの32歳女性で現在妊娠中だという。相手とは不倫関係にあり、過去に3回堕胎経験があると打ち明けた。つまり今回の妊娠が4回目。付き合って6年となるのだが、相手は既婚男性。しかも会社の上司だという。

過去の妊娠時も生みたいという気持ちはあったものの、経済的、立場的に女性の方が堕胎をするという決断になったそうだ。しかし今回ばかりは本当に生みたいという気持ちが強いらしいが、女性自身フリーターで収入も20万前半と決して裕福とは言えない。子どもを育てて行くには厳しいだろう。

「別れるという選択はないのか?」という聞き手からの質問に対して「その場合は子ども生んで別れます」と語っている。

聞き手の加藤諦三氏が言った言葉は「心の病んだ人間は心の病んだ人と結びつく」という一言だった。質問者の女性も心が病んでいれば、不倫相手の男性も心が病んでいるのだという。

さらに大原敬子さんが質問者に対して「あなたはずるい、相手のずるさを逆手に取って被害者になってる」と厳しい言葉がかけられ、子どもをどうするのか訪ねられた際に「彼は“誰も幸せにならないから生むな”と言いました」と、この相談の前日に話したという。それに対して女性は「彼に迷惑も掛けない、認知してとも言わない。ただ彼は“それはありえないことだ”と……」と語りお互い、堕ろすという結論に至ったそうだ。

そんな彼のずるさに縋(すが)って今回も堕ろそうとしていた相談者の女性。6年も付き合って4回妊娠してきても不倫を続けているのは、極度の依存なのだという。

テレフォン人生相談 2012-04-17 火曜日

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。