体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三線の「カラクイ回して、しっかりちんだみしてね」をギターに置き換えるとどういう意味?

沖縄奄美方面で特に親しまれている、弦が3本の楽器「三線(さんしん)」。THE BOOMやBEGINといったアーティストがよく演奏するので、その深い音色には馴染みのある人も多いでしょう。でも、三線業界で飛び交うワードには馴染みのないものも結構あるんです。

まるで謎解き!三線特有の呼び名が面白い

この会話、弦楽器の経験者の中には、もしかするとピンとくる人もいるかもしれません。これを(無理やり)ギターに置き換えてみると……。

どうです? 三線特有の呼び名も頭にすんなり入ってきて、なんだか弾けそうな気になってきませんか?

三線のココが気になる!

■ 三線は「フレットレス」楽器
ギターには音を半音ごとに区切るフレットが付いていますが、三線は「フレットレス」なんです。目的の音程が出るところをピンポイントで押さえられるようになるまで、練習が必要ですね。

■ ピックじゃくなて「バチ」
三線の弦をはじくための道具「バチ」は、ギターでいうところの「ピック」でしょうか。大きめの穴があいていて、そこに人差指をはめて弦をはじきます。

■ 「ウマ」を立てなきゃ始まんない
三線にとって必要不可欠な部品「ウマ」は、3カ所のくぼみの部分で3本の弦を支える、まさに縁の下の力持ち。このパーツを立てることによって弦が振動し、それがボディ(胴)に伝わって豊かな響きとなります。

■ ペグじゃなくて「カラクイ」
この棒状のものがギターでいうところの「ペグ」にあたるもので、1弦用、2弦用、3弦用と3本あります。これらをさしこんで、回しながらチューニング(音の高さを変化させ合わせること)していきます。

三線の楽譜「工工四」の読み方わかる?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。