ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“2”か“9”で割ってみる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はサトさんのブログ『NIGHTSHIFT』からご寄稿いただきました。

“2”か“9”で割ってみる

先日、飲んでたときに“9”という数字が面白いという話になったのですが、「数字が合わないときに“9”で割ったりするよね」と言ったら誰もやってなかったのでその話をします。たぶん、会計に携わってる人なら知ってる人も多いはず。

例えば、経理の仕事をしてたりすると、仕訳を全部入力したのに帳簿の残高と実際の預金残高が合わないということがあると思います。会計の仕事をしていない人でも、家計簿ソフトを使ってて、レシートを全部入力したのに現金の残高が合わないなんていうことがあるんじゃないでしょうか。そんなときはやみくもに間違いを探しはじめないで、とりあえず差額を“2”か“9”で割ってみるといいかもしれません。割り切れると↓こんな可能性が考えられます。

“2”で割り切れる → ±を逆に入力してる可能性がある
“9”で割り切れる → 桁間違い or 数字の一部を逆に入力してる可能性がある

具体例を挙げてみます。

【正】プラス3万1400 を 【誤】マイナス3万1400 と入力してしまってる場合

【差額】6万2800

 ↓

“2”で割ってみる

 ↓

割り切れた! 3万1400!

 ↓

入力した中から、3万1400っていう数字をさがす

 ↓

あった! 間違ってマイナスで入力してる!

こんな感じで探します。違ってたら、次は“9”で割ってみる。

【正】3万1400 を 【誤】3140 と入力してしまってる場合

【差額】2万8260

 ↓

“9”で割ってみる

 ↓

割り切れた! 3140!

 ↓

3万1400 と 3140 を桁間違いで入力したのがあるのかも!

 ↓

3万1400 or 3140 を探す*1

 ↓

あった! 桁が足りない!

【正】3万1400 を 【誤】3万4100 と入力してしまってる場合

【差額】2700

 ↓

“9”で割ってみる

 ↓

割り切れた! 300!

 ↓

100の位と1000の位を入れ違いに入力したやつがあるのかも!*2

 ↓

ついでに言うと、入れ違いになってる数字の差は“3”だ!*3

 ↓

100の位と1000の位の入れ違ってるやつがないか探す。*4

 ↓

あった! “1”と“4”が逆になってる!

 ↓

みんな幸せ。

とまあ、こんな感じです。教科書と同じで、文字で書くとややこしい気がしてしまうけど、やってみるとそんなに難しいことじゃないです。よかったら、使ってみてください。それでも見つからなかったら違う間違いなので、地道にがんばって探しましょー。もしくは、諦めましょー。

*1:どっちなのかは割ったときの±から判断するといいです。
*2:30だったら10の位と100の位、って感じになります。
*3:200だったら差が“2”ってこと。ちなみに、900だったら差が“9”だから、“0”と“9”が入れ違いになってるということになる。
*4:余裕があったら、差が“3”ってのにも気を払いながら。

執筆: この記事はサトさんのブログ『NIGHTSHIFT』からご寄稿いただきました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP