体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本刀『あずきバー』誕生 「氷属性ありそう」「木刀よりかたそう」「強い(確信)」と話題

%e3%81%82%e3%81%9a%e3%81%8d%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%92

硬いアイスとして名高い井村屋のアイス『あずきバー』。岐阜県関市と井村屋が10月7日、8日に開かれる第50回刃物まつりの展示企画として、日本刀アイス『あずきバー』を共同製作。


一昨年、「折れず、曲がらず、よく切れる」が特徴の関市の日本刀と『あずきバー』の硬さが共通していることから、「あずきバーが固いのは関市の刀匠の鍛錬によって鍛えられたから」というユニークな投稿がSNS上で話題になったことをきっかけに、交流を深めてきた関市と井村屋。

%e3%81%82%e3%81%9a%e3%81%8d%e3%83%90%e3%83%bc%ef%bc%91

関市内の若手経営者で組織する「日本刀アイスを作る会」の協力のもと、実際の日本刀に引けを取らない刀身約65cm(全体約87cm)の日本刀アイス『あずきバー』が完成した。

日本刀サイズの『あずきバー』に、ネットでは

・名刀ですね(鈍器として)
・あずきバーのようなもので殴られ死亡
・木刀よりかたそう
・マジの凶器
・強い(確信)
・氷属性ありそう
・ねんがんの アイスソードを てにいれたぞ

と話題に。

また、アイスなので「これが殺人に使われたら溶けて証拠が残らなくなるな」、「コナンのトリックに使われそう」という意見に、「現場にあずきバーらしきもの落ちてる時点で確定なんだよなぁ」、「小豆が残るだろ」といったコメントも。

実際にどれほどの強度があるかはわからないが、殺傷能力はありそう、と感じているようだ。

※TOP画像は関市ホームページより引用

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy