体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【発売前レビュー】ドラえもんがプログラミングを教えてくれる! 『ドラえもんひらめきパッド』

img_7079-6

ドラえもんがプログラミング学習を教えてくれる――まるで“ひみつ道具”のような玩具がバンダイから発売されます。
タブレット型の知育・学習玩具の名前は『ドラえもんひらめきパッド』。

img_7062-1

この商品は「プログラミングがくしゅう」をはじめ、「こくご」、「さんすう」、「えいご」、「せいかつ」、「せかい・れきし」、「おんがく・ずこう」、「ゲーム」、そして“ひみつ道具”が手に入る「ひみつどうぐミュージアム」の9カテゴリーから構成されています。

img_7082-7

ところで何故プログラミング?

この『ドラえもんひらめきパッド』のメインコンテンツとも言えるのは「プログラミングがくしゅう」のメニュー。実はこれ2020年から小学校で必修化される「プログラミング教育」の準備に非常に有効な内容なのです。

ここで言うプログラミング学習というのは、実際にプログラムのコードを書くのではなく“論理的な考え方”や“プログラミング的思考”を習得するためのもの。

視覚的な操作で考え方が身につく、ゲーム感覚の学習コンテンツなのです。

実際にさわってみる

これまで、プログラミング学習を目的とした玩具は海外製品で多く見られましたが、国内製品ではまだまだ珍しいのではないでしょうか。ましてやドラえもんやのび太たちが登場する世界観で学べるとなれば、子供たちの食いつきの良さは大いに期待できそうです。2017年9月30日(土)に発売予定のこちらの商品、実際に触ってみたいと思います。

内容物は本体の液晶パッドとタッチペンです。

img_7069-3 img_7072-4 img_7076-5

単3電池4本もしくは『バンダイ専用ACアダプターBタイプ』(別売り)での駆動が可能となっています。

img_7874-196 img_7875-197

物理ボタンは「電源」「音量」「ホームボタン」の3つ。電源ONをすると、“部屋を明るく”“1時間に10分の休憩”を促す「ちゅうい」の後にタイトル画面となります。

img_7079-6

『ゆめをかなえてドラえもん』のBGMとともに現れるドラえもんのキャラクターたち。設定画面で名前を入力しておくと、「○○○くん、いっしょにべんきょうしよう」と水田わさびさんの声で呼びかけてくれます。一文字ずつの発音なので多少の違和感があるものの、それでもドラえもんに名前を呼んでもらえるのは嬉しいかも。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy