体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“万能死体”役のダニエル・ラドクリフが語る『スイス・アーミー・マン』 「前例のない役だから間違えようがない、と励まされたんです」[ホラー通信]

ダニエル・ラドクリフがスイスアーミーナイフのごとく万能な死体“メニー”を演じる映画『スイス・アーミー・マン』。ポール・ダノ演じる遭難した青年のハンクとともに、二人で故郷を目指してサバイバルする前代未聞のバディムービーです。

関連記事:【ちょっと待て】死体がしゃべってる……“万能死体”の便利機能が明らかになる『スイス・アーミー・マン』予告編

予告編では、ハンクがメニーにまたがり、メニーがお尻から放出するガス(おなら)でジェットスキーする姿も衝撃的でしたが、話し相手を欲するハンクに呼応するようにしゃべりだすメニーに衝撃を受けた方も多いのでは。死体なのになぜ?と思いますが、本編を観れば“万能な死体”という特異なキャラクターとは別の主題があることに気付きます。生きることに不自由な二人が(片方死んでますが)、過酷な環境で“生きること”に向かい合い、互いを刺激しあって見つけていくものとは。

前代未聞の役を魅力的なキャラクターへと昇華させた、メニー役ダニエル・ラドクリフさんにお話を伺いました。

<あらすじ>
無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。「生きること」に欠けた者同士、力を合わせて大切な人がいる故郷に帰ることを約束する。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

ダニエル・ラドクリフ インタビュー

――この役のオファーが来たとき、これはどんな映画になると思われましたか。

ラドクリフ:この役は最初に設定を聞いただけで、「やりたい!」と思いましたね。サミュエル・ベケットが書いたような、とてもユニークなバディムービーになるんじゃないかなと思いました。最初はそんなイメージでしたが、完成した映画を観て驚いたのはその壮大さですね。たしかに奇妙な物語でユニークな話ではあるけれど、こんなにスケール感のある作品になることは想像していませんでした。

――あらすじを聞いた第一印象と本編を観た印象が大きく変わってくる作品ですよね。ラドクリフさんの周りのリアクションはいかがでしたか。

ラドクリフ:「大好き!」と言ってくれる人もいれば、「なんじゃこりゃ!」と言った人もいますよ。でもリアクションとしてはどちらも良いと思うんです。今まで聞いた話で一番面白かったのは、サンダンス映画祭の『スイス・アーミー・マン』の上映のあとにかなり混雑した男子トイレのなかで、個室にいた人がおならをしてしまって、そこにいる人たちで大爆笑が巻き起こったそうなんです。最高のリアクションですよね! 日本でもそういうリアクションが返ってきたら嬉しいですね(笑)。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。