体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

週末はニンニク全開の最強イベント『シン・ガーリックパラダイス』へGO! 全店舗実食レポート

世界中のニンニク料理が集結するフードフェスティバル『シン・ガーリックパラダイス』が今年もスタート! 今回は東京・新宿の大久保公園特設会場で9月12日(火)から18日(月・祝)までの開催。早速初日に参加し、全10店舗のメニューを1品ずつ食べてきましたよ。

全店舗制覇に挑戦するのは食いしん坊の男性3名!

▲写真左から、ニンニク大好きT氏、ノジーマ、貧乏性K氏

今回、全店舗のメニュー制覇に挑むのは僕・ノジーマと、ニンニク料理には目がない20代男子・T氏、そして根っからの貧乏性の30代男子・K氏の3名。やらせ脚色一切なしで感想を言い合いました。画面からニンニク臭が漂ってきそうな、ニンニク尽くしのレポートをどうぞご覧ください!

1品目 青森県産特大にんにくの丸揚げ / Garlic restayrant はじめの一っぽ

大きなニンニクを豪快に丸揚げしたという贅沢な一品。お皿にはタレと塩コショウが添えられていますが、皮をむいてそのままかぶりつくと口の中いっぱいに甘味が広がります。それでいてニンニク特有の臭みはほとんどなく食べやすさも抜群。これはウマい、ウマい! いきなり参加者全員が大絶賛!

手が油まみれになるというデメリットはありますが、見ての通りニンニクそのものの味を最も楽しめるメニュー。ニンニク好きならとりあえず攻めておくべきでしょう!

2品目 スペシャル汁なし担坦麺 / 自家製麺ほうきぼし

ニンニクをたっぷり使用した肉味噌と生ニンニク、さらにガーリックチップがたっぷりと盛られた超ガッツリ系のメニュー。1品目のニンニク丸揚げとは対象的に、ニンニクの辛味をストレートに感じられます。食べた瞬間に汗がダラダラ!

麺は太くて食べ応えもあり、ボリュームも満点。1品をしっかり食べたい人にはおすすめです。個人的には「これぞニンニク料理!」って感じがして非常に満足でした。

3品目 スタミナにんにく野郎丼 / キッチン男の晩ごはん

大盛りご飯の上に生姜焼き、チキンカツ、唐揚げが乗ったボリューム満点の一品。これをシェアせずに一人で食べたら2品目を食べるのは困難でしょう。これも相当なニンニク味を覚悟して食べてみましたが……あれ? 意外とニンニク味は控えめだぞ……?

ニンニクの濃さを期待した人には物足りないかもしれませんが、チキンカツや唐揚げのクオリティが高く、純粋においしいガッツリ系の丼として楽しめますね。

4品目 ガーリックシュリンプ / Alee Beach

大ぶりのエビがカラリと揚げられていて、そのまわりにたっぷりとニンニクが絡みついています。噛んだ瞬間にエビのプリッとした食感と、口の中いっぱいにジュワーッと広がるニンニクの旨味が最高! これはすごく贅沢な一品だぞ……!!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。