ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件がディズニー映画『リロ・アンド・スティッチ』に与えた影響

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

個人的な出来事を除き、人間誰しも人生で何度かは“世界中の人が衝撃を受ける出来事”に出くわすことがあると思います。2011年3月の東日本大震災や、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件などが該当します。東日本大震災の津波の映像があまりにも衝撃的だったため、日本国内では津波を連想させる内容の曲や、津波そのものが表現されているシーンのあるアニメの放送が“自粛”されたりしました。

アメリカ人に“自粛”という概念はなさそうですが、それでもアメリカ同時多発テロ事件以降、事件を思い起こさせるコンテンツに対する“配慮”がなされたことをご存じでしょうか? アメリカという国は、子供と大人の区別をはっきりつけて、甘やかすわけではないけれども大人が子供を保護する(それだけ社会的に親の責任が重い)ことが徹底されています。そうした背景もあってか、アメリカ同時多発テロ事件以降、子供向けのコンテンツには様々な“配慮”がされました。アメリカの子供向けコンテンツ代表格であるディズニーも例外ではありません。

How 9/11 changed Disney’s Lilo & Stitch(YouTube)
https://youtu.be/F2uJvwiSZAQ

アメリカ同時多発テロ事件が起きた翌年の2002年に、全米で公開されたアニメ映画『リロ・アンド・スティッチ(原題:Lilo & Stitch)』でどういった“配慮”がなされたか、ビフォー・アフター形式でわかりやすく解説した動画が先日9月11日に公開されました。

ボーイング747(実際にテロリストが乗っ取ったのはボーイング767とボーイング757)をモデルにした飛行機は宇宙船に変更。

飛行機のコックピットや機内の座席も宇宙船らしく変更。

高層ビルが立ち並ぶ背景はハワイの山々へと変更。

飛行機が傾いてパニックになっているシーンはカット。

高層ビルの谷間をすり抜けるように飛行機が飛んでいき、高層ビルに接触するシーンはカット。

動画を公開したVox Mediaによると、映画『リロ・アンド・スティッチ』のみならず、TV版『パワーレンジャー(原題:Power Rangers)』や、TVアニメ『ポケットモンスター(原題:Pokémon)』なども高層ビルが破壊されるシーンのある回の放送が中止になったりしたそうです。

こうした“配慮”による影響かどうかは不明ですが、映画『リロ・アンド・スティッチ』は世界中でヒットし、興行収入は2億7300万ドル(約302億円)以上を記録しました。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=F2uJvwiSZAQ

※ソース:
https://www.vox.com/2016/9/9/12814898/pop-culture-response-to-9-11
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lilostitch.htm

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。