体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マスコミなう「フジテレビの巻」

マスコミなう「フジテレビの巻」

2ちゃんねる報道に関連してガジェ通編集部へ取材にやってきたマスコミがどんなことを言っていたのかを記録し公開しています。こちらからコメントは一切出していないので、やりとりの中味はそんなに面白くないですし、オチもないので恐縮ですが、マスコミの人達は取材に行ってどんなことを言ってるのか興味のある方はどうぞ。

今回ご紹介するマスコミさんはフジテレビさんです。このフジテレビ記者さんは、朝からうちの会社が入っているビルの玄関に登場して、そのビルに入る人全員に関係者かどうか声をかけまくっていたそうです。現場の記者さんはやれと言われてやらされているだけだと思うのですが、まぁこんな、ひとことで言えば非常識なことをやらされてちょっと可哀想な気がします。記者さんもそんなブラックな仕事は辞めて、若いうちに転職した方がいいと思うのですが。

今日のマスコミ対応TIPS

なんでコメントしないのかとしつこく食い下がってきてますが、こういうケースでマスコミにコメントしない理由を一言でいえば「こっちになんのメリットもないから」ということです。相手は言葉を金にする商売をしていますからコメントを欲しがるのはわかりますが、こちらには何も見返りはありません。1ミリもメリットがない。言いたいことがあればブログなりツイッターなりで書けばよい時代ですから、マスコミに直接なにかをコメントする必要はありません。マスコミ側はなんでもいいから喋らせるのが仕事なので、あの手この手を使って喋らせようとしてきます。それは、それがお金になるから――そういう商売だからです。社会常識的には、どんな客でもあまりに失礼に扱ってはいけないというのが普通ですが、マスコミ記者は、その心理につけ入ってきます。少々失礼でも誰にとがめられることもありませんので、こういうケースでは気兼ねなくすぐに追い返しましょう。できれば、最初から出ない方がいいです。一言でも意味のあることを言うとそれに尾ひれをつけてネタにされますので、意味のある言葉を返してはいけません。

マスコミなう「フジテレビ」

今回のポイントは「コメントがないということを伝えるのにも結構苦労するよ」というところでしょうか。フジテレビさんに言いたいことはまったくないですし、対応した座高さんもそれを繰り返してるんですが、7分程粘られました。

やりとり音声

http://www.nicovideo.jp/watch/1334485845
(音声のみで映像はありません。フジテレビ側の記者名が入る部分は無音化してあります)

今回の登場人物:
フジテレビ記者:朝からやってきて何回か凸してきた。
ガジェット通信:ガジェ通記者の座高さん。

やりとりテキスト

フジテレビの記者:
すいません、フジテレビの●●ともうします。ちょっと女性の方、ちょっとお名前はあのー教えていただけなかったんでアレなんですけども、あのー今朝時事の記者とお話しまして、あのーお名前、御社のお名前が出てきましたんで、それに関して、あのーまぁ主張といいますか、まぁ社長しか責任者の方がいらっしゃらないということで、朝はうかがったんで、あのー、その点なんか、えーと、なんといいますか、あの、

ガジェット通信:
えっと、今、マスコミの方にお伝えする情報ってのを今のところ準備してないんですよ。特に。

フジテレビ記者:
あー、そうですね。

ガジェット通信:
ですので、今回、特にお話することはないです。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。