体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「見た人は必ず具合が悪くなる夢」ヤバ~イ心霊現象! 死後17年経った昔の恋人……彼女が残した一人娘の波乱の半生 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

充実した生活の裏に、17年経っても消えない無念

目にもまばゆい六条院に住むようになってしばらく。理想のマイホームで家族と幸福に暮らしながらも、源氏は折々に(夕顔が生きていたらなぁ……)と思わずにはいられませんでした。

夕顔が目前で物の怪に取り殺されてから、すでに17年。身分も素性も一切関係ない、無償の激しい恋でした。あれ以来、源氏は心のどこかでずっと、夕顔のことを想いながら生きていたのです。そして、彼女と頭の中将との間に生まれた娘のことも。

あの時、夕顔のお供をしていた右近もすっかり古株女房に。源氏に仕えた後、須磨行きの折に紫の上付きになり、現在もそのまま彼女に仕えています。おとなしくて気のいい右近は、紫の上のお気に入りでした。

夢のような御殿で、旦那様や奥様に可愛がられ、充実した女房ライフを送っている右近でしたが、内心では夕顔のことを忘れたことはありませんでした。(もし夕顔さまが生きていらしたら、紫の上さまほどとはいかないまでも、明石の御方くらいにはなれたのでは。殿はいったん好きになった女性を見捨てないご性格だもの……)と思わずにはいられません。

六条院への引っ越しも落ち着いた頃、右近は休暇願いを申請します。休みを使って長谷寺(奈良県桜井市)まで行くためです。長谷寺は初瀬寺とも呼ばれ、全国各地の長谷観音の根本寺です。当時から復縁や縁結びのご利益があるお寺として知られていました。

観音様にお願いしたいのはもちろん、夕顔とその娘のこと。右近は源氏の分も祈念すべく、7日の休みをもらい、警護の侍に守られながら一路奈良へ。それにしても、7日間のまとまったお休みが取れる職場、なかなかいい勤め先ですね。

両親と生き別れ…夕顔の一人娘の波乱の半生

行方不明になった夕顔の娘はどうなったのか。彼女は頭の中将の娘ということで、幼名を藤原の瑠璃(るり)君と呼ばれていました。きれいな名前ですね。母親が隠れ住んでいた五条の夕顔宿とは別に、西京の乳母の家に預けられていたことは、右近も知っています。

夕顔の死の混乱のあと、源氏は右近から瑠璃君の話を聞き、「その子だけでも探し出して大切にしたい」と望んでいました。が、騒ぎが大きくなっては大変だという惟光の意見により、こちらからの連絡はほとぼりが冷めてから、という事に。

一方、乳母の方でも忽然と消えた夕顔と右近の行方を探していました。でも、源氏は素性を隠して夕顔と逢っていた上、巧妙に尾行なども巻いていたせいで、誰も正体を知らない。あの光源氏とは知らない乳母達は謎の男に連れ去られたとしか思えません。

今度は父親の頭の中将に連絡をしようとしましたが、伝手がない上、夕顔のことを聞かれたら何と答えていいかわからない。それに馴染みの薄い父親に姫を引き渡した所で、その後のことも心配です。

タイミングの悪いことに、乳母の夫が太宰少弐に任命され、筑紫国(今の福岡県)へ転勤命令が下りました。一家は仕方なく、瑠璃君を伴って九州へ下向することになります。これがちょうど右近が連絡を控えていた時期と重なり、音信不通の原因になったのでした。

瑠璃君は4歳。幼いながらも気品が備わり、とても美しい姫君です。よくわからないままに「お母さまの所へ行くの?」と問う様子もいじらしく、乳母達は涙を流すばかり。そして道中で美しい景色を見るたびに「夕顔さまにお見せしたかった、きっと喜ばれたはず」「でもお方様の所在がわかっていれば、こうして姫様をつれて引っ越すことはなかったのに」と言い合います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy