体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Googleアシスタント」の提供範囲がサードパーティ製スピーカーや家電に拡大

Google は 8 月 30 日、AI をベースとしたデジタルアシスタント機能「Google アシスタント」をサードパーティ製デバイスでも使用を可能にしたことを公式ブログを通じて発表しました。まるで人と対話するかのような問いかけで様々な情報を検索したり、スマートフォンや IoT デバイスを操作できる Google アシスタントはこれまで Allo アプリや Android スマートフォン、Google Home、Android Wear、Android TV など、Android ベースのプラットフォームのみで使用が許可されてきましたが、サードパーティのデバイスメーカーにも使用が許可され、今後、各社のスピーカーや家電製品に組み込むことが可能になりました。Google の発表によると、現在計画されている Google Home 入りデバイスには Anker の Zolo Mojo、Mobvoi の TicHome Mini、パナソニックの GA1 のほか、LG の家電製品です。まずは IFA 2017 イベントで Google アシスタント入りデバイスが披露される予定です。Source : Google

■関連記事
「BlackBerryランチャー」にBlackBerry OS時代のアイコンパックが追加
OnePlus 3 / 3TにOxygenOS 4.1.7が配信開始
BlackBerry HubがSkype Liteとカカオトークをサポート

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。