体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

360°の体験型アートで“東京”を彩る! JT『Ploom TECH』を吸いながら巡れる『TOKYO ART CITY NIGHT』が圧巻だった

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「新たなリアルの創造」としてさまざまなプロジェクションマッピングを手がけてきたNAKED(ネイキッド)が、250を超える模型や約100台のプロジェクター、LEDライト、音楽、特殊効果などで「東京」そのものをアートにするという試みを現出させている『TOKYO ART CITY by NAKED』が、2017年9月3日まで東京ドームシティ・Gallery AaMoで開催中。

また、JTの低温加熱式たばこ『Ploom TECH(プルームテック)』を吸いながらNAKEDのアートを楽しめる『TOKYO ART CITY NIGHT』を20歳以上限定で実施。近未来に喫煙者と非喫煙者が共存できる都市という発想から、より進化していく東京像を見せていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場に入るとまず目に入るのが、東京都庁の姿。会場全体の東京を切り取った映像が移り変わり、さまざまな人が集まりアクティブな都市としてのイメージを感じさせてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏側に回ると、新宿東宝ビルのゴジラ像と『パックマン』が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上を見上げると、歌舞伎町を想起させるネオン。色とりどりで雑多な雰囲気は「現在」の東京らしさも併せ持っています。

tacn_20170826_05

会場中心部は渋谷をイメージしたエリア。東京の混沌の中にある“暗黙の秩序”を表現したといい、床にはスクランブル交差点が映し出されます。また、数多くのプロジェクターが街のいたるところにあるフラットビジョンのようにも見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“夜景”にも馴染む『Ploom TECH』。企画演出のNAKEDによれば「喫煙者と非喫煙者が共存できるという点が“東京の未来”というテーマと一致します」と今回のコラボレーションが実現した意味を語りました。健康懸念物質を約99%カットして、火を使わないためたばこの煙の匂いもほとんどない『Ploom TECH』ならば、喫煙者・非喫煙者の間で別け隔てなくコミュニケーションできるというところが、将来像としてあるべき姿なのかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。