体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リューク役のウィレム・デフォーってやっぱ顔採用っすか? 『デスノート』監督&マシ・オカPを直撃

dsc_0488

ノートに名前を書かれた人間は死ぬ――。

言わずと知れた日本の人気漫画を原作に、ハリウッドで実写映画化を果たした『Death Note/デスノート』が、8月25日よりNetflixにて全世界同時配信を開始した。

メガホンを執ったのは映画『ザ・ゲスト』『ブレア・ウィッチ』などのアダム・ウィンガード監督。次回作に『Godzilla vs. Kong(原題)』の製作も決定しているウィンガード監督と、プロデューサーとして今作に携わったマシ・オカ氏(『HEROES/ヒーローズ』)にインタビューを行った。

死神リュークに激似と話題のウィレム・デフォーについて質問したところ、意外な裏話も聞くことができたぞ!

dn_1

――そもそも、『週刊少年ジャンプ』で連載当時、あるいはその後の『デスノート』は、アメリカでどのように受け入れられていたのでしょうか。

マシ・オカ氏(以下、オカ):地上波ではアニメが放送されていないので、ニッチと言えばニッチかもしれませんね。でも世界中で翻訳されている作品ですし、よく知られた作品だと思います。

アダム・ウィンガード監督(以下、ウィンガード):撮影にあたってバンクーバーの高校をロケハンしていた時には、どの図書館にも『デスノート』のコミックが置いてありました。

オカ:日本の漫画がアメリカに大きく進出するキッカケとなった作品の1つだとは思います。

――原作のライトやLは、ある意味で超人的な人物でしたが、今作ではリアリティを感じる人間味のあるキャラクターになっていました。その辺りのバランスはどのように意識されたのでしょうか?

ウィンガード:今作に関しては、原作のライトが持っていた性質を2人の人物に分けました。ライト(ナット・ウルフ)とミア(マーガレット・クアリー)というコンビにしたんです。リュークが一人の若者に向けてデスノートを与えたのではなく、ライトと周囲の人物との関係性までも視野に入れてノートを落とし、キラという現象を生み出したんです。L(ラキース・スタンフィールド)については一流の探偵という立場は変わりませんが、彼の出自についてはオリジナルでダークなものになっています。舞台をアメリカに設定して物語を伝えるためにどうすべきかを考え、キャラクターを作り上げていきました。

dn_2

オカ:ライトを普通の高校生に置き換えることによって、視聴者に「もしあなたがライトの立場だったら、デスノートをどのように使うか」を考えて欲しかったんですよね。原作のライトは超人的すぎて、そのまま実写化すると共感が難しいかもしれません。普通の高校生としての葛藤があり、恋愛もする。また、アメリカの映画では必ず主人公の成長を見せることが大切です。スタート地点が普通の高校生であることは必然でした。

――ウィンガード監督はこれまで多くのホラー作品を手掛けられてきました。プロデューサーとしてロイ・リーさん(『ザ・リング』『THE JUON/呪怨』)も参加していたり、今作についてはホラーが重要な要素だと考えられたのでしょうか?

ウィンガード:ホラー映画とは解釈していません。『死霊館』や『ファイナル・デスティネーション』、『オーメン』の影響などを受けていますが、全ジャンルのマッシュアップというか、ホラー寄りなところもあれば、スリラーでもあり、コメディの要素もあり、ミュージカルや恋愛の雰囲気もある。デヴィッド・フィンチャー作品のような視覚効果を狙った場面もあります。リュークについても、恐ろしい存在ではなく、遊び心を意識して撮影しました。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。