体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】高いのか安いのか? 1杯1100円のかき氷を食べてみたよ

かき氷と言えば夏の風物詩のひとつ。どんなに暑くてもかき氷を食べれば体がすっかり冷えて爽快感を味わえるものですよね。コンビニに立ち寄るとついついアイスコーナーのかき氷にも手を伸ばしてしまうのは僕だけでしょうか。

1杯1100円のかき氷を食べることに。さすがに高すぎないか?

そんなかき氷の価格ですが、コンビニで売っているかき氷で1杯100円とちょっと。夏祭りなどでは1杯200~300円くらい。そんなイメージを持っている僕でしたが、先日ひょんなことから1杯1100円のかき氷を食べることになりました。

かき氷に1杯1100円……。さすがに高い分おいしいのだと思いますが、果たしてコンビニかき氷10杯以上の価値はあるのでしょうか。ていうか、かき氷の味なんてシロップの色と香料が違うだけで基本は一緒なんじゃないの?

日暮里駅近くのかき氷専門店『ひみつ堂』

というわけで8月のある土曜日の午前、日暮里駅から徒歩4分ほどの場所にあるかき氷専門店『ひみつ堂』に向かいました。この日は小雨が降り続いて気温も低く、あまりかき氷日和とは言えない陽気でしたが、店の前に到着すると驚きの光景が広がっていました。

なんと午前9時過ぎの時点ですでに人が並びまくってるじゃないか……!!

入口で整理券を受け取り、整理券に記された時間に再度戻ってくることになったのですが、指定されたのはなんと2時間後! 雨なのに、まだ開店した直後なのに2時間待ちになるなんて。しかも戻ってきてからも1時間近く並ぶ可能性があるとのこと。かき氷を食べるためにここまで並ぶなんて本当に信じられない……!

3時間後ようやく店内へ!

適当に時間を潰してから整理券で指定された時間に戻ってくると、運良くスムーズに入れそうな様子。スタッフさんからメニューを手渡され、その場で注文をすることになりました。

パッと見た感じではメニューが豊富なこと以外はなんだかわかりにくいですよね。

スタッフさんの説明を聞いてみると、基本的にはかき氷にミルクまたはヨーグルトをかけ、その上からさらにかけるシロップを選ぶことになるそうです。シロップはどれもすごく美味しそう……。プラス300円でシロップを2種類選ぶこともできるみたいです。

とりあえず今回は初めてなので一番のおすすめメニューだという『ミルク氷+ひみつのイチゴ味』を注文してみることにしました。もちろん価格は事前に聞いていたとおり1100円!

手動式の機械でひたすら氷を削っている

ようやくお店の中に足を踏み入れると、2台の手動式かき氷機を使ってスタッフさんが黙々と氷を削っていました。これはすごい迫力……! どうやら『ひみつ堂』では手動のかき氷機にこだわりを持っていて、削り方も季節に応じて変えたりしているのだとか……。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。