体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「映画づくりは他者を見つめること」:8月26日公開『わさび』『春なれや』外山文治監督ロングインタビュー

8月26日から渋谷・ユーロスペースで、映画監督・外山文治の特集上映が組まれる。これまでに制作した3本の短編映画が世界各国で高い評価を受け、注目を集める外山監督の“創作の原点”を、脚本家・梅田寿美子が聞いた。

祖父から孫へ 名前に込められた思い


19歳でテレビドラマの助監督として映像業界の門を叩き、2005年に伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞を受賞した外山監督だが、その原点は小学生の頃にまでさかのぼる。

―― 映画の世界への憧れは子供の頃から?

実は、祖父が小説家になりたかったんです。戦争のために文学の勉強は出来なかったんですけど、亡くなるまでずーっと書いてました。その思いを孫に託す意味を込めて僕に、”文章を治める” 文治という名前をつけたそうです。でも、本人は野球選手になりたいと思ってましたね。ただ、少年野球をやりながら創作童話部にも入っていて、絵本や児童文学はよく読んでました。宮崎に住んでいたので巨人軍のキャンプに入らせてもらった時に、ホームラン防止ネットがメチャクチャ遠くにあって「野球選手は無理だ」と(笑) で、高校では演劇部に入りました。書く仕事・物語を作る仕事は、ずっといいなって思ってたんですよね。

―― 映画を撮り始めたきっかけは?

高校時代、退屈だったんで(笑) 父親の運動会を撮るようなホームビデオを借りて、自分で書いた話を暇つぶしに友達と撮り始めたのがきっかけです。ただ、それが楽しかったんですよね。一人じゃなくて、友達と何かを作るということが。それで、そこから映画に行くべきか、大学の文学部に行くべきか葛藤があり、結局映画を選んだということですね。親が映画好きだったので、家に映画はたくさんあったんです。

―― 食べていける自信はあった?

まあ、お金を稼ごうと思ったら全然別の道を選んでますよね。やっぱり、映画や芸術っていうのは「腹の足しにもならない」と言われるような世界。そこはある時期から覚悟を決めてやっています。でも、僕、実は営業が得意なんです。父も母も営業マンとして非常に優れている人で、営業能力の高い二人の血を引いてるので(笑) 今回の個人配給も、手探りで分からないことだらけですが、自主営業もしています。


映画は自己主張ではなく、他者への視線

8月26日から上映される外山監督の短編集『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』は、3作品とも“人を見つめた作品”だと言える。外山監督の映画作りにおける“視線”を伺ってみた。

―― 映画作りで大事にしていることは?

自分の生きてきた人生を証明するような作家さんて沢山いると思うんですけど、僕の場合はちょっと違うんですよね。自分の心象風景とか、心の原風景を映像にしたいということもない。他の人たちの生活の営みを撮りたいっていうのがまず一番最初にあります。そういう意味では、視線が自分より他者に向いているのかもしれないですね。他者のことに関心があって、それこそ高齢者の話は自分とはまったく違うジャンルですけれども、目を向けてみたらそこには自分と結び付くものがあるだろうし。「もっと自己の主張みたいなのをやらないの?」とも言われるんですけど、やっぱり、人に向けて作ってますね。


映画監督 外山文治短編集① 『わさび』


【あらすじ】心の病を抱えた父を守るため、実家の寿司屋を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に反対する母や大人達。そんな葵の前に、かつて彼女が所属していた少年野球チームの監督・庄吉が現れる。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から”魔法”だと信じていた。逆境の日々の中で、せめて魔法のような力を信じたい――。

『わさび』は、朝ドラヒロインとして国民的女優になる前の芳根京子が主演を務めた作品。飛騨高山の美しい街並みを舞台に、1人の少女の葛藤と決断が静かに描かれている。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会