ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

満点の星空の島にヘリで…? まだ間に合う夏の島旅 

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

満点の星空の島にヘリで…? まだ間に合う夏の島旅 
J-WAVEで放送中の番組「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)のワンコーナー「CHOYA NATURAL BEAUTY」。8月18日(金)のオンエアでは「まだ間に合う!夏の島旅」をテーマに、雑誌「WILD SIDE」の編集長にお話を伺いました。

6月に創刊されたばかりの「WILD SIDE」のコンセプトは”アウトドアを楽しむ旅の本”。編集長は「山や、カヤックをしに行くのも、その場所までの道中も楽しかったりするので、家を出て帰ってくるところまで、準備や後片付けも含め雑誌作りをしています」と説明します。

そんな「WILD SIDE」創刊第一号のテーマは”アウトドアの島旅へ”。島の旅を特集した理由は「単純に僕が島に行きたかったから。アウトドアの要素が1つでいろいろと楽しめるのが島だと思っていて、島に行くまでも楽しかったです。飛行機で行って、船に乗って、知らない土地の街中でスーパーに入って、地元の食材を買って…海や山を楽しんだりしたんですが、非日常感というか、その時のワクワク感が楽しかったんですね」と編集長。

今回、足を運んで楽しかった島は、沖縄県の西表島だそう。

「登ったのは、西表島の最高峰で古見岳という山なんですが、普通の登山道よりも秘境感が楽しめました。歩いてしか行けないユツンの滝とか…滝の下にポットホールという一人用の壺湯みたいな穴があって、誘って頂いたライターさんがドボンってお風呂みたいに入ったんです。最初は躊躇してたんですが、気持ちよさそうなので…。気持ちいいですね。『こんな風に笑うんだ』ってみんなに言われました(笑)」(編集長)

西表島以外では、東京の島も。東京都の人が住む有人島は、三宅島・式根島・神津島などの伊豆諸島と、父島・母島などの小笠原諸島を合わせて11カ所あり「東京アイランド」という名称でも親しまれています。そんな中で大橋さんのオススメは青ヶ島。八丈島から船で2時間半ですが、ヘリコプターで行くのが楽しいのだとか。

青ヶ島は、二重カルデラ構造といって絶壁に囲まれているそう。伊豆諸島の人が住んでいる島の中では最南端に位置し、そういった秘境感も魅力なのだとか。青ヶ島の北端に行くと、「風が草原を揺らす音しか聞こえない」ような場所があり、夜は満点の星を楽しむことができるとのこと。

夏休みもあとわずか、もしくはこれから夏休みという人も、まだ間に合う近場の島旅、いかがでしょうか?

さて、8月25日(金)のオンエアでは、「OZ magazine PLUS」編集長・古川誠さんに「食べても太らない新習慣」について伺えます。夏バテ解消についつい食べすぎてしまったと思っている人は、必聴。お聴き逃し無く!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 11時30分−16時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。