体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「彼女の代わりにあの子と……」別れたばかりでもうよそ見? 失恋の痛手が癒えぬ少年の前に今年一番の美少女が舞い降りた ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

今年一番可愛い子は誰だ!?平安時代の美少女コンテスト

現在の11月23日は勤労感謝の日ですが、この祭日の元になったのが『新嘗祭(にいなめさい)』です。現在も宮中祭祀として続いており、天皇は今年の収穫に感謝し、五穀豊穣を祈ります。

平安時代の新嘗祭には『五節(ごせち)の舞姫』が選出されました。上流貴族と、中下流貴族から各2名ずつ、自慢の美少女を奉ります。今で言うなら美少女コンテストのようなものでしょうか。美貌はもちろん、態度や礼儀作法なども含めて審査されます。とても名誉なことなので、選ばれた家は大喜びで準備をし、観る方も今年はどんな可愛い子が出てくるのかとワクワクするわけです。

今年は源氏のところから、美人と評判の惟光の娘が出ることになっていました。(ちなみに、須磨・明石で活躍した良清の娘は中下流枠として出場)。惟光は(大事な娘を人目に晒すのは…)と、あまり乗り気ではなかったのですが、周りに勧められて「女官にしていただけるのなら」と諦め、自宅で稽古などをさせた後、リハーサルのために二条院に送りました。

源氏は裁縫の得意な花散里に衣装を頼み、自らは五節に付き従う童女たちを入念にチェックして、万全を期しています。舞姫だけでなく、付き添いのスタッフたちも批評の対象になるので、衣装や立ち居振る舞いなども気が抜けません。

「あの子に似てる」控室の舞姫に突然のアタック!

勉強部屋に戻った夕霧は、失恋の痛手が響いて勉強にも身が入らない日々を送っていました。失恋だけでもつらいのに、彼女の乳母にすらバカにされましたからね……。でも今日は新嘗祭だし、五節の舞姫でも見たら気分が晴れるかと、部屋を出て来ました。

源氏は二条院内でも夕霧の行動を制限していて、特に紫の上の住まいには寄せ付けないようにしていました。でも、今日は皆バタバタしていて、紛れ込むのがカンタン。屏風を立てただけの控室に、舞姫がひとりでいるのを見つけました。疲れているのか、ちょっと苦しそうに寄りかかっています。

年は雲居雁と同じくらいですが、彼女よりも少し背が高くて、全体にすっきりした綺麗な子です。暗いので詳しくは見えませんが、雰囲気が雲居雁に似ている気がする。夕霧は出し抜けに「あの……前から好きでした」。源氏だとこういう時、同じ内容でももっと小洒落たことを言えるんでしょうが、これが夕霧くんの全力です。

彼女は突然若い男に話しかけられて驚き、気味悪いばかりです。まあ、そうでしょうね。そうこうするうち「さあ、メイクを直しましょうね」と付き人たちが入ってきたので、夕霧はしぶしぶ退散しました。残念!

リハも終わり、いよいよ本番。舞姫達が宮中に入る頃、夕霧も参内しました。いつもはあの浅葱色が嫌で行きたくないのですが、今日は祭日で服装自由。本人は最近ちょっとくらいですが、本来源氏にそっくりの美貌と真面目な性格で、帝をはじめ多くの人から可愛がられている人気者です。

夕霧はさっきの失敗を挽回すべく、また楽屋の方をウロウロ。でも二条院とは違い、宮中はかなりセキュリティが厳重。隙も見つけられず、ただため息をついてモジモジするばかり。上手くいかなかった分、想いが募った彼は(雲居雁に逢えない代わりに、あの子と一緒にいられたらいいな)と思うようになりました。

総評は「例年よりどの娘も大人っぽくて綺麗だが、やはり源氏のところの五節が一番素晴らしい」。更に今年は全員が女官として採用されることが事前に決まっており、皆さん即採用です。なお、1名については「実子ではない子を偽って差し出した」と問題になりましたが、結局この子も女官になれることに。このナアナアな感じ、平安時代もいい加減ゆるいですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会