体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

巨人が傷害の疑い等で書類送検の山口俊投手の処分を発表 スポーツ報知の『Twitter』に「甘い」と批判殺到

giants

8月18日、プロ野球の読売ジャイアンツは、酒に酔った状態で警備員に暴行するなどして書類送検された山口俊投手の処分を発表した。
スポーツ報知・巨人取材班 (@hochi_giants)は、『Twitter』にて


巨人が、傷害と器物損壊の疑いで書類送検された山口俊投手の処分発表
・8月18日から今季終了まで出場停止
・事案発生7月11日から出場停止期間前日の8月17日までの間、1日につき参稼報酬300分の1に相当する金額の罰金
・出場停止期間の参稼報酬について1日につき300分の1の減俸

とツイート。これに対して『Twitter』ユーザーからは

「処分甘くない?解雇かと思ってた。」
「甘い 球界追放だろ」
「まてまて。甘い甘い。将来ある選手の代償がこいつとかありえんと思ってたのに、一試合しか貢献してないんやで?交流戦明けてこっから巻き返すぞってチームの機運高まってたのに、人殴って嘘ついて逃げて先発陣に迷惑かけて、しかも勝手にコメント出して、それでも巨人在籍現役続行とかないわ」
「甘すぎて笑う、FAで高いお金出したのに結果もまずまずで巨人の名を汚したのにそんなので球団はいいんですか?また来季から出して同じ事繰り返したら次はお金で解決すればいいみたいな事ですか?見損ないました」

といったような返信が寄せられる。中には

「クビにならなかったのは武士の情けと意気に感じて今後頑張ってほしい。プロなんだから結果を出すことが最大の恩返しです」
「十分重いと思うけどなぁと」

といった返信もあったものの、「甘い」「解雇すべき」という声が多数で、「球界から追放すべき」という厳しい声も。
その後、

今季出場停止処分の山口俊投手について
会見で石井球団社長
「来季、山口に巨人でプレーしてもらうつもりです。そのためになるべく早い時期に、環境さえ整えば練習を再開する。もちろん、試合には出ることはできません。ただ練習についてはなるべく早い時期にできるようにしたいと思っております」

という球団社長のコメントもツイートされたが、こちらにも先のツイートと同様に「甘い」「解雇すべき」といった内容のコメントが殺到していた次第である。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。