体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄ファミリーマート限定で売られているという『泡盛コーヒー[BLACK]』を取り寄せて試してみた!

沖縄のファミリーマートでは『泡盛コーヒー』なるお酒が売られているという。それもファミマのブランド「FamilyMart collection」から発売されているというから驚きだ。沖縄県民には「常識」だというこの逸品。美味しい予感にうち震えながら、株式会社沖縄ファミリーマート(沖縄県那覇市)から取り寄せてみた!

 

すっきりした水出しコーヒーのアロマと泡盛特有の甘みのあるアルコール感が奇跡のマリアージュ!

世の中には芋焼酎、麦焼酎、そば焼酎、米焼酎、黒糖焼酎、しそ焼酎…など様々な焼酎が存在する。そして沖縄を代表する焼酎といえば泡盛(あわもり)。その原料は米である。では泡盛が米焼酎かといえば、そうであってそうではない。

 

泡盛はインディカ米(タイ米など)を黒麹で発酵させることによって作られる蒸留酒。インディカ米由来の発酵の過程で生まれるバニリン(バニラの香り成分)による甘みが特徴で、一般的な米焼酎とは違った味わいを持つ。人によってはクセがあると敬遠されるが、好きな人にはそこがたまらない。

『泡盛コーヒー[BLACK]』(300ml・希望小売価格 税抜239円・発売中)

 

焼酎をコーヒーと合わせる「コーヒー割り」は、もともと焼酎好きの間で知る人ぞ知る飲み方。ただ泡盛にコーヒーというのは試したことはなかったし、マニアックにも感じられるそうした商品がコンビニで普通に、それもファミマのPB(プライベート・ブランド)として売られているというのは驚きだ。

沖縄ファミマの棚にしれっと並ぶ『泡盛コーヒー』。

 

それだけ生活の中に泡盛が溶け込んでいるということなのだろう。ということで沖縄県から取り寄せた『泡盛コーヒー[BLACK]』を飲んでみたい。

 

 

まるで普通のコーヒーとおなじ見た目で、普通に売られている泡盛入りコーヒー。ストローは付いてない

見た目は普通のチルドコーヒー。泡という文字を見て、新しいマキアートでも出たのかなと誤解されそうなルックス。

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会