体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【植物ビギナーにおすすめ】ウンベラータの育て方

【植物ビギナーにおすすめ】ウンベラータの育て方

インテリア好きの間でも人気の観葉植物「フィカス・ウンベラータ」の育て方をご紹介。剪定や水やりのタイミングなどを教えてくれるのは、観葉植物専門店「グリーンインテリア」です。「葉が落ちる」「枯れる」など、初心者さんの“困った”を解決する情報もあり!

目次

フィカス・ウンベラータの特徴

フィカス・ウンベラータの育て方で押さえておきたい3つのコツ!

フィカス・ウンベラータの育て方【基本編】

フィカス・ウンベラータの育て方【シーン・トラブル編】

プロが答える! 初心者のためのQ&Aコーナー

フィカス・ウンベラータの特徴


大きなハート形の葉が特徴で、インテリアの雰囲気をぐっと素敵にしてくれるフィカス・ウンベラータ。
「フィカス」とはクワ科フィカス属の仲間という意味で、フィカス・ウンベラータもゴムの木の一種なんです。性質は丈夫で、耐陰性も少しあるから初心者向き。
幹の形に個性があるので、好みの樹形を探してみましょう!

 

難易度 初心者向き

耐寒性 やや弱い

耐陰性 あり

耐暑性 あり

乾燥 やや弱い

樹高 〜10m

 

フィカス・ウンベラータの育て方

フィカス・ウンベラータの育て方で押さえておきたい3つのコツ!

コツ1 光をたくさん当ててきれいな緑色の葉を楽しもう

コツ2 屋外の日を当てる時は、急に出さずに少しずつ慣らして

コツ3 どんどん生長するので、剪定でサイズをコントロール!

 

フィカス・ウンベラータの育て方【基本編】


水やり
春〜秋の水やりタイミングは、土が中まで乾いたら。鉢を持ち上げてみると、水やり直後よりずいぶん軽くなっているのでわかるはず。
気温が高い夏は乾くのも早いので、こまめに様子を見てあげましょう。逆に冬は水をやりすぎると根腐れの原因になるので、頻度は少なめ。土が乾いてから4、5日後くらいにやるくらいで大丈夫です。
ジョウロで水をやる際は株元に与えますが、土全体にまんべんなく水が行き渡るようにいろんな方向から注ぎましょう。鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとやり、受け皿にたまった水はかならず捨てること。
また、霧吹きなどで葉に直接水をかける「霧水」は毎日行うのがおすすめです。フィカス・ウンベラータの葉についたほこりを落として光合成しやすくするのと、エアコンを使う季節は乾燥を防ぐ役目もあります。

 

土の選び方・肥料
フィカス・ウンベラータが好むのは、水はけのよい土。初心者なら、鉢底に入れる赤玉土と市販の観葉植物用の土を用意するといいでしょう。
肥料は4〜7月と10月に、緩効性の固形肥料を与えてください。

 

置き場所・日当たり・温度
フィカス・ウンベラータは、日当たりのよい場所が大好き。季節を問わず、室内のよく日が当たる窓際で管理しましょう。
5、6月頃は、屋外で直射日光を当ててあげるとより美しい葉色に育ちます。ただし、急に屋外に出すと温度差にびっくりして葉焼けを起こすので注意! 少しずつ慣らすように屋外に出してあげましょう。
冬が近づいたら、10℃を下回らずエアコンの風も当たらない場所に移動します。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。