体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全員目隠し、名前は「・」】・・・・・・・・・(←グループ名です)が作る新しいアイドルのルール【卒業のないアイドル】

アイドルとは何?というと無限の解釈があり、エンドレスの禅問答が続く気がしますが、解釈のひとつに「女の子が自分の『個性』を全力で出すところ」というのがある気がします。歌とダンスという手段で「自分しかないわたし」「他の人と違うわたし」を表現し、見つけてもらう場。グループ全員で同じ歌をうたってもそれは“合唱”ではない。「わたしの歌」の重なりである。わたしの顔、わたしの名前を見つけてよ、と叫ぶ場と言えます。

今回紹介するアイドルグループは、そんなアイドル解釈とは真逆。メンバーの名前は全部同じ顔は目を隠されていて極めて判別しづらい。そもそもグループ名すら何と呼んでいいかわからない。そんな個性を放棄したゆえに、極端に個性的なアイドルグループ。それが「・・・・・・・・・」

デビュー当初から「呼び方は自由」と公式からはアナウンスされ、メンバーの名前は全員「・」。もちろんこれも呼び方は自由。しかしファンもそれでは会話すら成り立たないので、とりあえずグループを「ドッツ」「ドッツトーキョー」、メンバーを「てんちゃん」と呼ぶ事が多いようです。

正直「顔が見えない、名前もないアイドルにどう感情移入して、応援しろというのか?」と思う人も多いでしょう。しかし、昨年の9月にデビューして以来そう言われながらもライブを重ねてきた彼女たちのパフォーマンスは時にたくましく、時にしなやかで目を見張るものがあります。そんな・・・・・・・・・の世界を支えるのが、シューゲイザーやポストパンク、エレクトロニカ、ノイズ要素の強い楽曲たち。カバー曲のチョイスもにせんねんもんだいやMassacreとひと味違う。

パフォーマンス動画
https://youtu.be/6PBCPxgj1yE

ガジェット通信YouTubeチャンネル

とはいえ今やメジャーグループでもパンクやメタル、エレクトロなどを普通に取り入れることはアイドル界では決して珍しくはない。しかし「表情が見えない」ことで、ダンスの躍動感や女の子らしい柔らかさがより伝わってくる。ダンスの肉体性がより際立つ。今の彼女たちのライブを見ると、顔がない・名前がないというのが「縛り」ではなく、「ルール」として面白さを与えているのに気付かされます。ラグビーに比べてサッカーは「手が使えない分不自由」ですが、そのルールがサッカーにしかない楽しさを与えているように。

そして先に「表情が見えない」と書いたけれど、目以外の顔、そして躍動する身体できちんとその子たちの表情は伝わる。「目は口ほどに物を言う」というけれど、無いなら無いで感じとるのが人間、もしくはアイドルオタクという生き物なのです。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。