体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日米巨大ロボットの決闘が遂に実現へ 水道橋重工の『KURATAS』対Megabotsの『Eagle Prime』

子供の頃、「ウルトラマンになりたい」「仮面ライダーになりたい」「ガンダムのパイロットになりたい」といったピュアな夢を持っていた人は多いでしょう。多くの子供達は成長するにつれて、否応なくピュアな夢の実現が“現実には無理”ということに気付かされます。ところが、技術の発展のおかげでしょうか、ガンダムのような“巨大ロボットのパイロットになれる”時代がもうすぐそこまで来ているようです。

USA CHALLENGES JAPAN TO GIANT ROBOT DUEL!(YouTube)
https://youtu.be/XVJTGLL2SnI

人間が操縦可能な巨大ロボットメーカーとして先頭を走っているのは日本の水道橋重工とアメリカのMegaBots。水道橋重工の『KURATAS(以下、クラタス)』に「世界初の巨大戦闘ロボット」という称号を奪われたのが、MegaBotsのMk. II。このことが相当悔しかったのか、2015年の6月にMegaBotsサイドが水道橋重工に決闘を挑んできました。上記の動画では「1年後に決着をつけようぜ」ということでしたが、2年以上経過した2017年8月に決闘を行うとMegaBotsが公式サイトで明らかにしました。

RESPONSE TO ROBOT DUEL CHALLENGE.(YouTube)
https://youtu.be/7u8mheM2Hrg

一方、決闘を挑まれた水道橋重工のアンサーはディス連発。「もうちょっとカッコよくつくれよ!」「デカいものに銃つけりゃいいっていうアメリカ文化」「アメリカ丸出し」とけちょんけちょんです。とどめは日本人なら異論は全くないであろう「やっぱ日本文化じゃないですか、巨大ロボって」という一言。

AMERICA’S GIANT FIGHTING ROBOT(YouTube)
https://youtu.be/ePINYZK4p5Y

MegaBotsが満を持して今回の決闘向けに開発したのが、MegaBots初のMk. IIIクラスロボットとなる『Eagle Prime(以下、イーグルプライム)』。8月2日には動画を公開して、その全貌が明らかになりました。右手にはクローアーム、左手にはアームガン、移動はキャタピラ。ん? フロントミッション!?

KURATAS – Suidobashi heavy industry(YouTube)
https://youtu.be/29MD29ekoKI

対する水道橋重工の『クラタス』は右手がアイアンクロー、左手がガトリングガン、右肩にはロケットランチャーと『イーグルプライム』より実戦向きと思われる出で立ちです。

いろいろと聞いてみたいことがあったので、MegaBotsに話を聞いてみることにしました。「世界中から問合せが殺到していて」と言いながらも、取材に対応してくれたのは共同創業者のMatt Oehrlein氏。『イーグルプライム』を見て0.1秒でフロントミッションを連想してしまったので、日本のロボットアニメやゲームに影響を受けたのかどうか聞いてみると、「英語圏のロボットゲームに影響を受けています。特に『MechWarrior』シリーズです」とのこと。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。