体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

武井壮「マーベル映画にスタント&CG無しで出演するのが目標」漫画家・種村有菜と作品の魅力を語る

武井壮、種村有菜

『アベンジャーズ』を始めマーベルのアクション映画を愛する人気漫画家の種村有菜さん(『神風怪盗ジャンヌ』ほか)が、注目の男性とマーベルの魅力を語り合う連載企画第2弾! 第2回のゲストは、“百獣の王”を自称するタレント、武井壮さん。少女漫画家VS百獣の王という異種格闘技のような顔合わせになりましたが、コミック文化を愛するという共通点があり、マーベル談義が弾みました。9月6日(水)よりMovieNEXが発売となる最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』についても、おふたりから期待が寄せられました。

【種村有菜】プロフィール
漫画家。「りぼん」掲載の『2番目の恋のかたち』でデビュー。主な作品に『イ・オ・ン』、『神風怪盗ジャンヌ』、『満月をさがして』、『紳士同盟クロス』がある。現在は「31☆アイドリーム」を「MELODY」で連載中。アニメ化された作品も多く、『アイドリッシュセブン』アニメ版ではキャラクター原案を手がける

【武井壮】プロフィール
タレント。1973年5月6日生まれ、東京都出身。元・陸上十種競技の日本チャンピオン。世界マスターズ陸上の4×100mリレー(M40クラス)では金メダルを獲得。その卓越した運動神経と鍛錬した肉体を活かし、「戦え!スポーツ内閣」(MBS/関西ローカル)など、TVのスポーツ番組、バラエティ番組などに幅広く出演中。 ツイッター、インスタグラム オフィシャルアカウント @sosotakei

武井壮、種村有菜

―おふたりがマーベルのヒーローたちと出会ったのはいつごろですか。

武井:僕はスポーツばっかりやっていると思われがちだけど、実は子供の頃から44歳の今に至るまで大の漫画好き。日本の少年漫画はもちろん、「スパイダーマン」などのアメリカン・コミックスも好きだったんですね。大人になってアメリカへ留学したとき、生きた英語を身につけるためアメコミを再び読むようになって、改めてそのテーマなどが面白いなと感じ始めた。子供のときに下地はできていて大人になって本格的にハマった、という感じでしょうか。逆に、種村先生のような女性がマーベルを好きになるきっかけって、なんだろう? 気になりますね。

種村:私は映画からなんです。職業は少女漫画家ですが、もともと映画として見るにはラブストーリーよりアクション映画が好き。マーベルの映画は5年前に『アベンジャーズ』が公開されたときに見て、そこから一気にハマってしまいました(笑)。

%e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%ba_%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

武井:ということは、けっこう最近だ。たしかに、映画から入る人は多いですよね。僕も最初に『アイアンマン』を見て、実写になったことでぐっとリアルに感じ始めた。近いうちにアイアンマンのパワードスーツが実現して、自分があのスーツを着て空を飛べるんじゃないかとすら思っていますからね。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%b3_%e5%a0%b4%e9%9d%a2
1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy