ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

マーベル映画について漫画家・種村有菜&人気俳優・佐藤流司がトーク! 「大人でも熱中できるヒーロー映画」

marvel

マーベル(MARVEL)のヒーローが実写映画でスーパー・アクションを見せる『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』、そして『アベンジャーズ』などのメガヒットシリーズ。壮大な「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に魅せられた人気漫画家の種村有菜さんが、注目の若手男子とマーベルの魅力を語り合う連載企画がスタートします。

記念すべき第1回のゲストは、漫画原作の舞台などで活躍し、“2.5次元男子”として注目されている俳優の佐藤流司さん。まったくの初対面ながら、漫画とエンタメを愛する心を共有しているお2人。現在デジタル配信中で、6月2日よりMovieNEXが発売となった『ドクター・ストレンジ』の話にも花が咲きました。

【種村有菜】プロフィール
漫画家。「りぼん」掲載の『2番目の恋のかたち』でデビュー。主な作品に『イ・オ・ン』、『神風怪盗ジャンヌ』、『満月をさがして』、『紳士同盟クロス』がある。現在は『31☆アイドリーム』を「MELODY」で連載中。アニメ化された作品も多く、『アイドリッシュセブン』のアニメ版ではキャラクター原案を手がける。

【佐藤流司】プロフィール
俳優。1995年1月17日生まれ、宮城県出身。2011年、『仮面ライダーフォーゼ』の佐竹輝彦役で俳優デビュー。舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~」にサスケ役で出演中。初主演ドラマ「ファイブ」が今夏にFOD(フジテレビオンデマンド)にて配信予定。

マーベル男子_ドクター・ストレンジ

―最初に、おふたりがマーベルのヒーロー映画にハマったきっかけを教えてください。また、お好きな作品はどれでしょうか?

種村:私は5年前、『アベンジャーズ』の公開時に観に行ったことが始まりです。「日本よ、これが映画だ。」というキャッチコピーが話題になっていましたよね。それが気になったし、もともとアクション映画は好きなので……。観てみたら、ドハマリしてなんと映画館で7回も観ました。そこから『アイアンマン』などをDVDで観て、各キャラクターの物語を知っていきました。

%e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%ba

佐藤:7回はすごいですね! 俺はまだ学生だった頃に『スパイダーマン』シリーズを観てからです。それで原作のマーベル・コミックスも読むようになって、映画では『アイアンマン』、『アベンジャーズ』などを観ました。最近では『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。とにかく悪役のウルトロンがインパクト強すぎて、忘れられない(笑)。

%e3%82%a2%e3%83%99%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%baaou

種村:『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』には、新しいヒーローも出てきましたよね。テレキネシス能力をもつスカーレット・ウィッチとか。

佐藤:スカーレットの能力はすごいですよね。俺は、その双子の兄であるクイックシルバーが好きです。何人かのキャラクターは、コミックスで見たことがあって、キャプテン・アメリカも漫画では知っているけれど、実は映画版を観たことがないんです。

種村:私が今、一番好きなのはキャプテン・アメリカなんですよ。2作目の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』が超おすすめです! マーベルの数ある映画の中でも最高傑作だと思います。とにかくアクションに迫力があって、開始5分で映画の世界に引き込まれ、夢中になれますから。

%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc

佐藤:そうなんですか。だったら観なきゃ! キャプテンのキャラクターはいいですよね。アイアンマンやハルクと違って、特別な能力を持っているわけじゃないところが、かっこいい。

種村:なんと言っても武器が盾(シールド)ですからね。守るもので戦うという…(笑)。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』では、エレベーターの中で格闘する場面があるんですが、そこがすばらしいアクションと映像で、スマートフォンにダウンロードして、何度も何度も繰り返し再生しました。

マーベル男子_ドクター・ストレンジ
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき