体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界が注目の「オモ写」 コンテスト開催中の『豆魚雷』に撮影のアドバイスを聞いてきた

mamegyorai

トイショップの『豆魚雷』が開催している『第一回 豆魚雷PRESENTS オモ写コンテスト』。「オモチャの写真=オモ写」にハッシュタグ「#豆魚雷オモ写」をつけて『Twitter』または『Instagram』へ投稿することで誰でも参加でき、優秀作品には豪華賞品がプレゼントされる企画だ。

今回ガジェット通信では、『豆魚雷』のバザロ米山さんに「オモ写」撮影のアドバイスを聞いてきた。「オモ写」に興味を持ちながら撮り方がわからなかった人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。

あの大物ハリウッドスターまでが注目する「オモ写」とは

omosha_hotkenobi-civilwar-02

「オモ写」とは「オモチャの写真」のこと。「オモ写」の生みの親として知られるホットケノービ氏が名前を考案し、同氏が投稿した「オモ写」は、映画『アイアンマン』シリーズの俳優ロバート・ダウニー・Jrや、マーベル・コミックの生ける伝説スタン・リーも『Facebook』で幾度となくシェアしている。

アイデアや工夫を詰め込んで撮影された「オモ写」は、まるでオモチャに魂が与えられたかのよう。映画のワンシーンのように演出したり、クスッと笑えるシチュエーションを作ったり、オモチャとオモチャの組み合わせでドラマを生み出したり……その可能性は無限大である。

まずはオモチャで遊んでみて写真を撮ってみるべし

img_1429-2

――「オモ写」のはじめ方、オススメのフィギュアはありますか。

バザロ米山さん(以下、米山):「オモ写」に使うオモチャやフィギュアは、キャラクターのジャンルを一切問わないです。アメコミのヒーローや映画の登場人物、ゲーム、アニメ、特撮……たとえブロック一つでも、アイデア次第でストーリーが生まれる可能性を含んでいるので。とにかくまずは好きなオモチャで遊んでみる。オモチャと触れ合うことで、飾っていただけではわからなかった魅力やアイデアがドンドン生まれてきますよ。

――やっぱり撮影にはハイスペックなカメラが必要なのでしょうか。

米山:無理に一眼レフやデジカメなどを用意する必要はないです。スマホのカメラで全く問題ありません。上手い、下手は気にせずにとにかくオモチャの写真を撮ってみることですね。様々な角度から撮ってみたり、編集アプリを使ってみてもいいと思います。

人の作品を見て、研究して、マネしてみるべし

2017-08-03-3

――「オモ写」のアイデア、ネタが思いつかずに躊躇している人も多いと思います。

米山:今はSNSで世界中の「オモ写」見ることができるので、人の作品を参考にしてみると良いと思います。面白いと思ったアイデアや工夫はドンドン自分の「オモ写」に盛り込んでください。そうすることで表現の方法が増えるし、「オモ写」の幅が広がりますよ。「オモ写」以外にもダンスやスポーツなど躍動感のある写真を参考にしてみるのもオススメですね。

1 2 3次のページ
しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。